読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

奉仕と報酬は同時だよ

からりと晴れた秋の日に、

開け放った窓の前で

犬がひなたぼっこしています。

 

あまりの平和さに、この怒濤の一週間がうそのようですが、

キーボードを打つこの腕には、

なぜか先週はなかったはずの力こぶが…

なぜ、わたしの腕にこんなにも力こぶが発達したのか。

 

そもそも予定がつまっていたこの時期に、

さらに仕事を引き受けたあたりがはじまりです。

とあるインタビューのテープ起こしの仕事。

どうしてもやりたい内容だったのです。

 

平日は全部パートのお仕事がある週で、

さらに学校の役員のお仕事もいっぱいあって、

娘は部活の大会などで、お弁当の日が何日かあるし、

中間テストの勉強も教えてほしいと言う。

さらに、ありがたいことにIHセッションのご予約が2名。

そのすべての隙間でテープ起こし。

 

忙しい自慢がかっこわるいのは重々承知ですが、

わたしの処理能力が低い上に、

いろんなモードを渡り歩かないといけないところで

めちゃめちゃ混乱しました。

 

 

職場でいつものように働き、

 

娘に墾田永年私財法を教え、

(憶えてるわけないので、社会の教科書めちゃ読んだ)

 

夜中にテープ起こしをし、

 

PTAのスポーツ大会の参加者を募るメールをこつこつ送り、

(誰もよろこんでは参加したくはないので)

 

「明日弁当」と言われて、慌てて材料を買いに行き、

 

娘にレキシの墾田永年私財法を聞かせ、

(爆笑してました)

 

いつものように仕事に行き、

 

早朝にテープ起こしをし、

 

学校の資源回収で、中学生たちと地域の古新聞を集め、空き缶ををつぶし、

(※力こぶポイントその1/重い古新聞をひたすら高いところに積み込んだ)

 

PTAのスポーツ大会に出られなくなりました、とか

この人はやっぱり出られます、とか

連日メールがいっぱい来て混乱しまくり、

 

娘に理科を教えようと試みるも、

(勉強はできてもできなくてもどっちでもいいけど、

娘と一緒になにかすることが減ってきたので、

見てほしいというなら、そういう機会としてやろうかなと)

理科がわからないわたしのストレスがすごすぎて、

みにくい罵り合いが繰り広げられて

本末転倒だったり、

 

娘のピアノの待ち時間に車の中でテープ起こししたり、

(車めちゃ集中できてよい)

 

PTA会長が名簿を送ってくれと言ってますとか

人数が足りませんとか…

もう奉仕の気持ちでただただ働き、

 

 

こんな生活では、家も荒れてくるので

ものすごい勢いで掃除をし、

 

いつものように仕事に行き、

(※力こぶポイントその2/なぜかこの週は商品の梱包とか発送とか重いものいっぱい持つ役割が集中)

 

娘は社会のテストで墾田永年私財法の問題を無事答えられた模様で、

 

折りたたみベッド(約10㎏)を持ってIHセッションに行ったら、

ケースのキャスターが半分壊れて、

帰りはほぼ腕力で引きずって帰ることになったり…

(※力こぶポイントその3/自宅の駅に着いた時には腕の筋肉が笑っていて、精算機のお金を入れるところに狙いを定めて入れることができなかった!)

 

 

 

 

 

今も負傷レベルの痛みが腕にありますが、

それよりも見た目にもはっきりとわかるこの力こぶ。

ぜんぜんいらないんですけど…

 

 

雑多なお仕事の中でいちばん負担が大きいのが

学校の役員のお仕事です。

去年はもっと大変な役割をやっていて、

ものすごくエネルギーも時間も捧げていたのですが、

いろんな人がいるものですから(当然です)、

予想外のこともたくさんあって、

途中、「まじ、知らねーし…」と気持ちも

荒もうものだったのですが、

 

 

そのとき、頭の中でこう聞こえました。

 

 

「奉仕と報酬は同時だよ」

 

 

見返りがあるように思えないことでも、

その行為と同時に報酬ははじまっていて

よろこんで行うほど、それを受けとるまでの時間は短い、

みたいなメッセージでした。

 

「まじ、知らねーし」と思うことであっても、

自分に起こることは

自分が引いたくじです。

ホ・オポノポノの、すべては自分の記憶である

という考えかたがわたしはシンプルで好きなのですが、

 

誰かの行為によって起こったことであっても

全部わたしの記憶で、

わたしの担当です。

(そう感じているのは自分だから)

 

そして、「まじ、知らねーし」と思うことこそ、

丁寧に、真摯に対応すると、

本当に本当に、ギフトがあります。

 

去年わたしはそれを何度も体験しました。

 

同じ奉仕をするにしても、嫌々やる場合は

ギフトを受け取るまでの時間が遅くなるし、

受け取れるものも、波動の低いものになってしまうけど、

 

よろこんでやる場合は、報酬も素速く

波動が高いことにも気がつきます。

 

「奉仕と報酬は同時だよ」って言われた気がしたとき

同時に写真の図も頭に浮かんだので

メモしてみました。

 

シンプルです。

 

究極にエゴイストになると、愛の存在になるしかないということ。

 

誰かにすることは、自分にすることだから。

 

 

それにしても

力こぶ、どうしたらとれますか?

 

 

f:id:utaori:20161017203654j:plain