読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

いちご畑でほめさせて!

 

わたしが人をほめることが異常に好きな

ほめ変態であることを

このところ各所でカミングアウトしておりますが、

 

変態とはいえ、

よろこばれるカテゴリーであるようで、

予想を超えて受け入れられることに味をしめて、

最近では常にストッパーが外れてしまっていて、

 

ときに、道行く人をつかまえて

ほめはじめそうになるものですから、

いよいよ危険人物化しています。

みなさまのごきげんはいかがでしょうか。

 

ほめはじめ、って語感がいいですね。

 

ラップとかにしたくなります。

 

♪ズンチャッチャ ズンズンチャッ(バックトラック)

 

あー

 

すきなあの子はなぜかきまじめ

 

俺の心はいつもじめじめ

 

気のないそぶり、まるでいじめ

 

それでもいいと、ほめはじめ

 

 

うーん、最後がいまいち。

(お気づきかもしれませんが、バカなんですわたし)

 

 

しかし、変態にも変態の道があります。

ほめにも道があるのです。

 

まずお世辞は御法度です。

 

お世辞ってなんですか。

ほめ変態から言わせるとまったく

かかわりたくないものです。

 

「ほめ」は

わたしがその人から受け取っているよきものを

ご本人にお伝えしたくてたまらない衝動です。

 

告白です。

 

もう、最近は個人的なメールも

すべてラブレター化してしまうのですが

 

わたしはすきな人のことをすきと言うことが

ほんとうにすきです。

(すきが3回入ったこの文章もすき)

 

お!3がでました。

 

このブログの上にある

Healing room 3とはなんぞという

お話をまだしていなかったので、

ここで書きたいです。

 

ただ今、準備中の自分のサロンなのですが

名前を

 

Healing room 3(ひーりんぐるーむ さん)

 

としたいと思っています。

 

 

どうして3なのかというと、

 

理由も3つ込めていて、

 

ひとつめは

3がわたしの誕生数であること(数秘術については、

また改めて詳しく書きたいと思います)。

3の特性である、トゥーマッチなほどの

感情と共感、表現力を人のために

いかせる場所になるように。

また3タイプは相手のよいところを増幅する

ブースターのような能力があると思うので、

(わたしの場合は「ほめ」でしょうか)

それを発揮する場所として。

 

ふたつめは

太陽のSUN。

プラーナたっぷりのおひさまの光のように、

問答無用のよきエネルギーの発信地として。

 

みっつめは

数字の3は卵がぱかっと割れた形なので、

新しい自分が生まれる場所にしてもらうために。

 

 

誕生数が3の場合、30/3と

12/3、21/3があるのですが

わたしは30/3。

構成する数字が3と0のみで

より3の特性が強烈な気がします。

ちなみに0は霊性をあらわす数字です。

 

興味があるかたは

マーマーマガジン16号(入手できるかな?)や

『魂の目的 ソウルナビゲーション』

という本が超おすすめです。

 

数秘術を知る前から

数字の3がとにかく好きだったのですが

 

なぜか音楽まで3拍子の曲が好きで

3拍子の曲ならすぐに思い浮かびます。

 

エリック・サティの

ジムノペディとか

 

ヴィンス・ガラルディの

christmas time is hereとか

 

RCサクセション

スローバラードとか

 

ニール・ヤングの

Only Love Can Break Your Heartとか。

 

どれも大好きな曲です。

 

タイトルのいちご畑でほめさせて!は

聖子ちゃんの“いちご畑でつかまえて”にかけました。

大滝詠一が自身のフォータイムスファンという曲を

元に作った曲らしく、yoububeにこの2つの曲を

リミックスした“いちご畑でフォータイムスファン”という曲が

アップされてて、聞いてみたら秀逸でした。

 

大滝詠一、亡くなってからもう3年になるのですね。

 

なぜか大滝詠一にたどりついて本日は終了。

 

 

Healing room3絶賛準備中です!!!

誰の絶賛なのかは不明ですが。