読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

愛と光の飛脚便

日曜日の才田春光さんと

アマミヤアンナさんのイベントの

ことが書きたいのに

まったく時間がない!

 

日曜日は飛び越えて、

火曜日の日記を

 

佐川さんのように

かけあしで!

 

火曜日。

 

午前中は家のこと。

 

出かけるまでに

どれだけできるか。

 

犬のご飯の玄米麹仕込んだり、

支払い行ったり、

犬の散歩行ったり、

でもしっかり近所の

おばあちゃんのお話は聞いたり。

 

洗濯物もギリギリ乾いて、

たたんで、しまう

ところまでできた。

 

メールを大切にふたつ書く。

 

自転車飛ばして駅まで。

移動は常に走ってる。

ねらったわけじゃないけど

ボーダー着てる。

佐川さんのように。

 

お昼すぎにサイドバーン。

 

何度か受けていただいている

クライアントのセッション。

 

シンプルプロトコルながら

ものすごく手応えを感じて、

 

終わるなり、すごく重要な

セッションでしたね!って、

それぞれに口をついて出た。

お互いに共有してた。

 

いままでのセッションは

この日のための準備だったかと

思うほど、大きなものが

手放せたと思う。

 

サイドバーン、

この日は英会話教室。

参加するスタッフさんたちと

入れ違いに、おいとまする。

馬篭くん味噌汁飲んで。

 

飛脚は走ります。

次は浜田山まで。

今週は日曜も火曜も京王線

京王線京王新線

なにが違うのですか。

 

向かうはIHの同期の

愛しの末娘、ゆみちゃんが

新しくお仕事をはじめるサロン。

 

ゆみちゃんはキネシオロジー

利用したボディーマッサージを開発中で

モニターとして体験させていただく。

 

めーーーーーーっちゃ、よかった!

 

キネシでその日の

最適なコースを

選んでくれているから、

効果が高いと感じる。

 

わたしはマッサージを

受けた後にだるい感じが

残るのが少し苦手なのだけど、

 

ゆみちゃんの

マッサージの後には

そのだるさはなくて

ひたすらすっきり。

 

ゆみちゃんの手からは

なんか出てた。

清らかであたたかいもの。

 

自分のからだのことを

ケアする時間を

いただけたことに

本当に感謝。

 

まず自分が整うことが

すべてのはじまりって

改めて感じました。

 

せめてものお礼に、

音叉のミニセッションを。

 

音叉と何かを組み合わせると出て、

(プラクティショナー同士だと

凝った調整がよく出る)

→クリスタル。

持っていたのは小さな

ピンクレムリアンシード。

 

ゆみちゃんにぴったり!

ハートチャクラに

あててもらいながら、

音叉の調整。

 

楽しい。

実習の濃密な日々を思い出す。

 

ゆみちゃんに

感想を熱く伝えて、

 

わたしたちはこの方法を

ほんとうにに誇りに思って

やっていこうね!

って話す。

 

ゆみちゃんありがとう!!!

とってもしあわせな時間でした。

 

ふかふかに満足して

また走る。

 

湘南新宿ライン高崎方面は

1時間に2本。

逃すと30分待つ。

 

テキストと音叉他で

ぱんぱんのリュックで

走る。

 

帰り道はグリーン車

 

この貴重な時間に

渾身のラブレターを

メールで送る(相手は女性)。

ずっと伝えたかったことが

書けてよかった!

 

 

遅い帰宅時間を考えると、

最近外出ばかりのわたしへの

厳しいご意見が多い娘が、

今日もやはり厳しい目で

待っていることは否めない。

 

帰るなり、先手必勝で

「お母さんは今日マッサージを

受けたから、寝る前にマッサージを

してあげる!」と持ちかけてみたら、

快諾。

うれしい模様。

 

ほっとして、半身浴しながら、

はじめてボーッとする時間。

人の人生の五生分くらい

いままでボーッと生きてきたのに。

 

寝室で娘に

頭のマッサージ。

娘ご満悦。

 

寝る前の定番、

M田先生の話で盛り上がる。

娘のM田先生のものまねが

わたしにはツボすぎて

寝る前には禁止にしてるのに。

(ヒーヒーいうほど笑ってしまって

一向に眠れなくなるため)

 

M田先生は

ブリティッシュコメディっぽくて、

真顔でやればやるほど

おもしろくなってしまう。

 

M田先生の歩き方。

M田先生の口ぐせ。

M田先生のニット帽。

 

娘はなにもかもがおもしろくて

たまらないようすで、

 

でも、センスがいいなと

思って聞いているのは、

 

ディスってるんじゃなくて

娘と娘の友だちは

「M田愛」と呼んで

もはや愛として処理してる

ところ。

 

こんなに毎日おもしろい

ネタを提供してくれて

感謝してるみたい。

 

毎日帰ってくると、

今日のM田先生を

もうこれ以上無いほど

嬉々として報告してくれる。

 

わたしからもM田先生に

お礼を申し上げたい。

 

というわけで

M田先生の話で

笑い過ぎて

一向に眠れなかった

わけですが、

 

一日は終了。

  

 

1日を通してその時その時

目の前にあることに

集中して光を注げた気がしてる。

(正確には、光を受けっとったり

注いだり)

 

そして、かけ足で書いても

やっぱりこんなに長く

なってしまう自分に驚愕。

 

 

f:id:utaori:20170129140917j:plain

 

火曜日じゃなくて、日曜日だったのですが、超久々にアカシアのロールキャベツシチューを食べた。白米に本当に合う。白米と食べてこそ。コロッケやエビフライもおいしい!