読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

46歳のウルトラマン怪獣

本日も小ネタ集で。

 

2月17日(木)

 

iPhoneの中にある

大切なデータが

破損している模様。

 

iPhone上でも

開けないし、

Macに移行もできない。

 

普段なら

迷わず夫に

頼む内容だけど

(夫は長年のMacオタク)

 

あることから

数日険悪ムード

だったため、

 

ここは自力で!と

 

ネットで調べてみたり

 

Appleのサポートセンターに

電話してみたり。

 

Appleのサポートセンターには

より知識が豊富な

スペシャリストなる

人たちがいて、

 

そのスペシャリストな

ご担当が、

 

それは熱心に

対応してくれて、

 

マニュアルに

無いような

アイディアも

いろいろ考えて

くれたのだけど、

 

復旧の兆候なく、

 

この状態だと

どこに持ち込んでも

難しい、とのお話に

 

ガックリと肩を

落として

おりましたところ、

 

「そのデータってこれでいいの?」

 

と現れる夫。

 

夫に相談しては

いなかったものの、

 

わたしのドタバタを

見て取って、

 

夫がiPhone

持っていって、

 

ものの数分で

そのデータが

Macに移行されて

開けるように。

 

 

マジで神!!!!!

ってなりました。

 

Appleスペシャリストより

スペシャリストなんすか?

うちの夫?って。

 

しかもものの数分で!

 

(夫によるとメーカー的に

案内できない方法もあるから

たいしたことはしていないって

言ってましたけど)

 

わたしは

普段夫への

感謝があまりにも

足りなすぎた。

 

あたりまえと

思っていた恩恵は

あたりまえじゃない。

 

そのことに

気づくために

起こった出来事で、

 

昔話か!

ってくらいの

教訓話なんですけど、

 

トラブルには

かならず

そういう側面が

あるのだと思う。

 

 

2月19日(日)

 

誕生日でした。

 

日曜日だし、

家族みんなで

出かけられたらと、

 

横浜に行く計画を

立てていたのだけど

 

娘が

どうしても

この日じゃないと

集まれない

お友だちとの

約束を入れて

しまったため

 

夫婦ふたりだけで

横浜。

というなんとなく

恥ずかしいことに。

 

どこで返してもいい

街中レンタサイクル

みたいなの借りて

(名前があるんでしょうけど)

 

横浜美術館

篠山紀信展見て、

 

夫は美術館とか

興味ないので、

ずっとあくび

してましたけど、

 

キャロルの写真が

あってよろこんでました。

 

小学校3年生からの

永ちゃんファンですから。

 

自転車で

中華街まで行って

中華食べたりして

(横浜で自転車正解!

気持ちがいい!)

 

夜は娘が

家でお誕生日を

祝ってくれるというので

早めに引き返す。

 

篠山紀信展、

百恵ちゃんの写真が

やばかったです。

 

あと、宮沢りえちゃん

かわいかった。

 

人生の中で一度だけ

宮沢りえちゃんに

似てると言われた

ことがあって、

大変に気をよくした

ものですが、

 

探偵ナイトスクープによると

 

人は

似てると言われて

うれしかった人には

似ていないもので、

 

似てると言われて

うれしくなかった人に

似ている、

 

という調査結果が。

 

ちなみにわたしが

似てるといわれて

うれしくなかったのは

 

ウルトラマン怪獣の

ダダです。

f:id:utaori:20170225091645j:plain

 

中学か高校のとき

しゃべったことのない男子に

突然言われた気がする。

 

それ以来、

なんか自分でも

他人とは思えない

ダダ。

 

本日で46歳。

 

 

 

2月21日(火)

 

サイドバーンへ。

 

IHセッション

おふたり。

 

今日のわたしの課題は

時間設定。

 

はじめたばかりの頃は

自信のなさから

時間を長めに

とっていたのだけど、

 

ご指導いただく方は

みんな口を揃えたように

時間は決めて行ったほうが

いいと言う。

 

ダラダラ長く行っても

逡巡する時間を

与えるだけだと。

 

心当たりがありすぎる。

 

ズバッと核心に迫るべく

本日は時間厳守っ!

(M田先生のものまねで)

 

 

おひとりめは

サイドバーンの奥川くん。

 

これでサイドバーンの

スタッフさん全員に

IHを体験していただいた

ことに。

 

おひとりおひとりに

ご挨拶したい気持ちで

声をかけさせて

もらってはいたものの、

 

IHはご本人の意思が

ないと行えませんので

無理にともいきません。

 

こうして

みんなに来てもらえて

とってもうれしい。

 

おふたりめは

まりさん。

 

前回の馬篭くんから

自然発生的にはじまった

IH+ヘアカットという

謎すぎるコースで

ご体験いただきました。

奥川くんにご協力いただいて。

 

セッションの内容は

わたしにとって

チャレンジでしたが

 

どこかの立場から

ジャッジしたりしない

ニュートラルな視点で

進められた気がしたことと、

 

まりさんが

本当に晴れ晴れと

した表情で

お帰りになったことが

 

とってもうれしかった。

 

奥川くんのカットも

とってもすてきで

めっちゃきれいになって

帰っていかれました。

 

サイドバーン

その人の内面のキラキラを

引き出す美容室へ

進化中!

 

そうそう、

この日はサイドバーン

英会話教室の日。

 

セッション用の

ベッドを見た

英会話の先生が

興味を示されて、

 

わたしがやっている

IHやキネシオロジーについて

説明するという

場面があったのですが、

 

横にいた馬篭くんが

 

「見えなくても、あるものはありますから」

 

ときっぱり言っていて

 感動しました。

 

ナイスアシスト馬篭くん。

 

わたしが言うより

馬篭くんが言うほうが

説得力ありますから。

 

 

タイチさんとも

顔を合わせましたので

 

いろんな話の中で

 

サイドバーンのホームページ

ギラギラしすぎじゃね?問題

についてもふれる。

 

ホームページ完全に

タイチさんワールドだと

思いますが、

 

朴訥で職人肌な

他のスタッフの

パーソナリティーとの

乖離が激しすぎる(笑)

 

座敷わらしにしては

おせっかいがすぎますが

わらしといっても

46ですから

おせっかいにもなります。

 

いずれにしても

 

わたしのような仕事は

どこかに自分の

サロンを持って

ひとりで行う方が

ほとんどだと思います。

 

このように

理解者がいてくれる中で

はじめていけること

ほんとうに

思ってもいない

僥倖と

感謝するばかり。

 

 

 

2月23日(木)

 

目が覚めたとき

 

大きな決断が

心に浮かんで、

 

それは何月何日

 

ってことまで

浮かんで、

 

その通りにすることに。

 

朝は感覚がクリアなので

思い浮かんだことは

メッセージと思って。

 

 

職場で、

必要な書類を探して

ファイルを開くと

一発でその該当ページに、

ということが

たびたびある。

 

あと、適当に手に取ったら

必要な個数だったりとか、

 

ガムテープが

ジャストで終わったりとか、

 

そんなことだらけで

 

最近はこれは全部

 

筋反射なんだと

受け止めるように。

 

意図して行うことで

筋肉が反応して

起こっているのではと。

 

もうひとつ

心当たりがあるけど

もうちょっと確信が

得られてから

書きたい。

 

 

夜、夫の実家の

岡山から

牡蠣が届く。

 

めっちゃ大きい!!!

 

牡蠣が大好き!

 

牡蠣は広島が

有名ですが

広島出身の人で

岡山まで牡蠣を

食べに行ってた

という人がいるくらい

岡山だって

おいしいんです!

 

生で食べるのが

いちばん好きだけど

おなか壊して以来

慎重になっていて、

 

牡蠣フライを

選択したものの

(タルタルソースも作って)

 

あまりにも

あまりにも

立派な

牡蠣なので、

 

おなか壊しても

本望と、

レモンをしぼって

数個だけ

生で食べる。

 

上品。

 

それにつきる味でした。

 

臭みがないとかいう

言葉もでないほど

 

ただ、上品で清冽。

 

わたしがあまりにも

牡蠣に騒いでいるので

 

夫と娘は

冷ややか。

 

牡蠣フライも

信じられないほど

おいしかった!

 

 

2月24日(金)

 

日付変わって深夜

本当におなかを下して

トイレに通う。

(しかし後悔はなし)

 

 

f:id:utaori:20170225091645j:plain

もう1回ダダ。