読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

メディテーションはメディスンなり

 

わたしにとって

この世で一番危険なもの

それはインターネットの

猫動画です。

 

誘惑に負けて一度再生したら最後、

次の動画を再生し続ける

無限自動装置と化します。

 

もうただ放心して

猫動画にふけります。

 

やらなくてはならないことが

山ほどあるときほど、

この誘惑が訪れるので、

(見るつもりはなくても

不意に出てきませんか?)

 

最初のひとつを

再生しないことに

全力を注ぎます。

 

うっかり誘惑に負けたときには

パソコンの画面が見えなくても、

「また猫動画見てるんでしょう…」と

娘が言ってきます。

 

猫動画を見ているときに出る

わたしのダメ感がものすごくて

バレるのらしいです。

 

みなさんはどのようにして

この危険を回避して

いるのでしょうか…

 

 

と、

 

わざわざ読んでいただく

価値をどこに見つけたら

よいのかわからない話から

はじめずには

いられないほど、

 

心が揺れ動く日々

でありました。

 

 

6年間勤めて、

たくさんの母さんたちに

育ててもらった

職場での日々が

グランドフィナーレを迎え、

 

娘が体調不良で

学校からお迎え要請が

入って症状にあせり、

 

わたし自身も年齢的な

影響でいろいろあって、

(これが一番大きかった…)

 

こんなときこそと

必要だとしみじみ

感じるのは、

 

瞑想です。

 

TM瞑想の指導を

受けているものの

実践がほぼできていない

状況だったのですが、

 

(朝夕2回の瞑想の時間のうち

朝はできても夕方が難しい!)

 

これからは

自分のリズムで

仕事ができる

ようになるので、

 

ぜひとも

毎日続けたい。

 

 

瞑想は英語で言えば

メディテーションですが、

 

メディテーション

そのまま

メディスンだと

感じるからです。

 

メディスンは

薬の訳もありますが

 

ネイティブアメリカン

言うメディスンは

治癒をもたらす

力そのものの

ことだと思います。

 

細野晴臣さんの

昔のアルバムで

メディスン・コンピレーション

というものがあって、

 

この中に

ラフター・メディテーションという

曲が入っていました。

 

「笑う瞑想」

 

 

アルバムが出た当時、

このタイトルに

とても惹かれた

記憶があります。

(わたし20代…、

いつのまにかはるか昔)

 

 

笑いもまた

メディスン。

 

重い空気を

一瞬にして

払ってくれるし

 

がん細胞を

減少させるって

研究結果は有名ですよね。

 

IHセッションで

筋反射をとるときの

手のかたちが

江頭2:50

「がっぺむかつく!」

みたいですねって

言われたことがあって、

 

泣くほど笑ったことがあります。

なんか感動して。

 

どんな問題を扱うときも

いつも心にエガちゃんを

って思ってる。

 

最近相談に乗ってもらっていた

友人にも

 

複雑に考えないで

素直に陽気に明るくが一番だよって

言ってもらって、

 

本当にそうしたいって思った。

 

シンプルに考えられなくなったら

きっと注意信号なんだな。

 

不必要に理由付けを

しまくったり。

 

今朝起きたときのメッセージは

「理由付けはいらない」

でした。

(毎朝「今朝のひとこと」みたいのがくる)

 

 

 

今日はこれから

掃除もします!

 

掃除もまたメディスン。

 

って、

どんだけメディス

必要としてるんか!

って思いますね。

 

ちょっと前まで

本当にヘロヘロで(笑)

 

そんな中、

IHのセッションを行うとき

その方に集中できる

その時間が

わたしにとっても

大きな癒やしであることを

しみじみと感じられて、

 

感謝があふれました。

 

その方にも、

 

わたしを通過する

大きな力にも。

 

 

それは

メディスンそのもので、

 

誰の中にもかならず

あふれています。

 

さ!

掃除掃除!

 

f:id:utaori:20170408103631j:plain

娘がおもむろに書きはじめた父さんの似顔絵が、似て過ぎる。娘、絵心のなさは幼少期から発覚しておりましたが、これはなにかをよく捉えている。寝ぐせもよい。娘史上最高傑作。