読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

トンネルぬけて

車を運転中の熱唱ソング

不動の第1位は

ボ・ガンボス

「トンネルぬけて」です。

 

UAとか、EGO-WRAPPIN’

中納良恵さんとか、くるりの岸田くん

とかたくさんの人がカバーしてる名曲)

 

どんとが大好き。

特にこの曲は特別に。

  

生まれる赤ちゃんが

温かく安全なおなかの中から

外の世界に出るときに

 

せまくて暗い産道を

通ってくるように、

(安全な水の中にいたのに

急に自分で呼吸しなきゃ!

ってなる)

 

次の世界を味わうためには

くぐらないといけない

トンネルがあるのだと

思います。

 

それは生まれてからも

何度かあって、

 

通過儀礼と呼ばれるもの

でもあると思いますが、

 

次のステージに進むためには

避けては通れないものだと

思いますし、

 

その人がくぐりぬけられる

ようになったからこそ

トンネルは現れるのだとも

思います。

 

トンネル、

暗そうだし、

長さもわからないから、

こわくて

腰が引けるかも

しれないけど、

 

通過儀礼通過儀礼です。

 

通過しないと

次はなしです。

 

トンネルの中では

ひたすら自分の次の足を

出すしかないです。

 

でも不思議と

暗いトンネルの中で

こっちだよって

声をかけてくれる存在は

現れてくれるもので、

 

でも、結局は自分の選択

なのだとも思います。

 

トンネルをぬけるか

ぬけないか。

 

まだぬけたくない

って場合もある。

(で、戻っちゃったり)

 

でも、ぬけたかったら

はい、次の足ね!

ってだけ。

 

実はぬけられる

トンネルしか

出てこないから。

 

その先にある

あたらしい世界を

ぜひ味わってみてください。

 

思ってもみない

よろこびが

いっぱいあるよ。

 

 

さてさて!

ここからは

 

わたしがトンネルぬけたら

なぜか通うことになっている

サイドバーンでのお話を。

 

今週わたしが

ウキウキとこの日を

迎えましたのは、

 

キネシオロジー

インストラクターで

理学療法士の亨くんが

来てくれたからです。

 

亨くんは

わたしが一番はじめに

受けたキネシの講座で

講師のアシスタントとして

参加されていて、

 

お若いながら

俄然先輩であります。

 

亨くんじゃなくて

亨先輩だろ!って、

部活で怒られそうに。

 

サイドバーンの

タイチさんには

表面的な美にとどまらない

内面の健康や美しさまでを

ケアするような場を

作りたいという

構想があって、

 

わたしがサイドバーンの

場所をお借りして

IHセッションを行わせて

もらっているのも

その一環になりますし、

 

今後は

火曜日のサイドバーンで

いろいろな講座などを

開いていけたらと

考えていて、

 

亨くんには

キネシ体験講座の

講師をお願いしたいと

思っています。

 

亨くんご自身が

西洋医学のお仕事でありながら

東洋医学の知識も豊富で

IHやヒプノセラピー

行えるという

境界を越えた存在ですから

 

亨くんほど

うってつけの存在は

いないと思って。

 

そして!

亨くんのハイパーさが

いちばん炸裂するのが、

キネシタロットです!

 

筋反射を利用した

タロットリーディング

なのですが

 

タロットのときの

亨くんの先輩感

半端ないス。

 

この日は

ヘアカットをお願いしていた

サイドバーンの岡田くんも

おりましたので

 

岡田くんと

わたしの

タロットリーディングを

お願いしました。

 

 

うーむ、

(リーディングの内容をかみしめている)

 

亨くんのタロット

本当にすばらしいんです。

 

 

キネシの仲間に会えるのも

久しぶりでしたから

いろいろ質問させて

もらったりもして

 

初心の初心に戻れるような

気持ちになれたことも

よかった。

 

ひとりで自宅にサロンを持って

細々とやっていくものだと

思っていたIHのお仕事なのに、

 

サイドバーンのみなさんや

亨くんのような存在が

近くにいてくれることで

 

学びも増えますし

自分自身の軌道修正も

こまめにできる気がして、

 

なんてありがたいこと

なんだろうって

 

思っています。

 

 

あ!

ものすごく脱線する

ようですが、

 

わたしにとってこの日

熱かったお話が

もうひとつ!

(ここからはほぼ自分の

整理のためになります!) 

 

亨くんのカットをしている

岡田くんの写真を

撮ってたとき、

 

松井の撮った写真がひどい

って話になって(笑)

 

岡田くん「他の人の撮ったのと違って、

松井さんが撮ったってすぐわかりますよね」

 

ギクッ!

 

亨くん「結びを感じてないからじゃないですか?」

 

グサッ!

 

(結びというのは魂合気(たまあいき)という合気道の一種(?)の概念で、対象と結びを感じることで起こる作用のことなのですが、これはキネシオロジーで筋反射をとるときにも役立てられるため、キネシの師である雪乃さんが教えてくれたものです。この「結び」を教えてもらってから筋反射が急にわかるようになった!)

 

おふたりの

このつっこみにより

 

浮き彫りになった

課題があるように

思えて、

 

それはここのところ

あちこちで

指摘されていることと

同一に思えて、

 

それは今後セラピストとして

やっていくために必要なことで、

 

とにかくわたしには

グラウンディング

たりない!

みたいなことなのですが、

 

 

肉体性ってものを

重要としないで

生きてきてしまっていて

 

またそもそもこの現象の世界も

幻ですし…

みたいなところもあって

(ご興味があるかたは

『神の使者』さらには

奇跡のコースがおすすめです)

 

お空は大得意だけど

地面は弱い!!!

みたいなところがあります。

わたくしには。

 

般若心経の

色即是空 空即是色

(しきそくぜくう くうそくぜしき)

 

とは

 

色(現象の世界)にも

空(目に見えない世界)にも

偏らずどまんなかを行けという

教えだと聞いたことがあるのですが

 

 

わたしはたぶん空(くう)に

偏りすぎていて

 

なんか現象の世界に弱い気がする

 

写真が下手ってだけで

こんなにこねくり回す話でも

ないのかもしれなですけど(笑)

 

洋服を買うのが苦手

っていうのもちょっと

似てて、

 

肉体性ってものに

フォーカスするのを

無意識に避けたいんだと思う。

  

肉体が本当の自分

じゃないにしても

 

肉体に生まれたくて

生まれたんでしょ!

って、

肉体もちゃんとやんなきゃ

いけないんだと思う。

 

(予想以上に自分のために

書いてるコーナーになってます…)

 

亨くんのタロットでも

 

「どっしりと安定する」

みたいなことが重要でしたし…

 

 

もう、ドリフのエンディングで

(♪ババンバンバンバンの)

 

「歯磨けよ!」

 

「お風呂入れよ!」

 

って言うときに

 

グラウンディングしろよ!」

 

って言われてるような

イメージ。

 

カトちゃんに。

 

 

ヨガでも予約しようかな…

 

f:id:utaori:20170418112555j:plain

亨くんが岡田くんを口説いているようですが、筋反射をとっています。亨くんを見るとアルセウスというポケモンが浮かびます。進化した白い生きものって感じが。

f:id:utaori:20170418132821j:plain

ちなみに亨くんは誕生数が5。最近わたしの周りは5の人がなぜかいっぱい。共通して感じるのは、ひょうひょうとしているのに静かな情熱があって、自分の軸をしっかりもっているところ。

5は自由を尊ぶ存在でもあるのでわたしもその自由な波動の影響を受けていると感じます。

ほうき持ってるのは髪の毛の掃除手伝わせてもらったから!

f:id:utaori:20170418131441j:plain

ビクビクしながらアップしています。このおふたりを素材にして、もっといい写真がないものですから(汗)わたしもこのあと岡田師匠に髪を切っていただきました。