読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

天は地 地は天

風の谷のナウシカ

王蟲にとんでもなく

シンパシーを感じます。

 

あのモジャモジャした触手みたいの

わたしにもある気がして。

 

ずっと臆病だったから、

ああいうので

調べてから

人とお話してきたのだと思う。

 

あ、でも

金色の光で傷を

癒やすやつは

できないです。

できたらいいですね。

 

 

青い服が好きで

青い服ばかり選んでしまうのですが

 

王蟲の血で染まってるって

思って着てる。 

(「そのもの青き衣をまといて金色の野におりたつ…」っていうあれの気分で)

 

大丈夫ですか?

ついてきていただけますか。

 

こんなでも

社会の中で

なんとか生きてこられました。

 

ありがたいことでございます。

 

さて!

 

まだまだ続く、

グラウンディング足りないぞ問題。

 

日曜日は

わたし自身がクライアントとして

IHセッションを受けてきました。

 

内容にくわしく触れませんが

 

やっぱり出てくる

お空に引っ張られてる感と

 

グラウンディングしてない感…

 

ドラえもんみたいに

ちょっと浮いてるのでしょうか。

 

それでも強力に調整していただいて

 

(音叉の種類が豊富で感動しました!!!道具増やさない方向で考えていますが、音叉は欲しい…)

 

ドンピシャな内容の

フラワーエッセンスも

サポートでもらって、

 

どっしり感出ました!

 

(誰か出たって言って)

 

セッションを終えてからも

わたしのセラピストとしての

 

思いをいろいろ聞いていただいて、

 

完全にツールという意識で

働いていること、

 

その人の存在全体と宇宙の作用に

立ち会わせてもらってるみたいな

気持ちであること、

 

自分は飛び立つ前にに助走する地面

みたいな気持ちで

働いていること、

 

飛び立った後は

地面のことは思い出さないくらいが

いいと思っていること、

 

セッションがもしとても

素晴らしいものでも、

サロンのドアを出てからが

本番だと思って

 

その方が自分の声を聞きとって

自分で自分を幸せなところに

連れて行ってあげてほしいこと、

 

 

とめどもなく

おしゃべりさせて

もらってしまったのですが

 

うなずいていただいて、

向いているとも言っていただいて、

 

本当にうれしかった。

 

あと、甘えた気持ちから

「もうからだに生まれたくないんです…」

ってもう身近な人は聞き飽きている

わたしのぼやきも出てしまったとき、

 

「わたしももういいかな」

って言っていただたのも

うれしかった(笑)

 

そのためにも

どっしり足から根を生やすのだ。

 

セッションの中で

宇宙で起こっていることは

そのままで完璧だという

内容がありました。

 

問題に思えることもすべて。

 

地上に不満を感じてようが

感じてまいが

 

それは完璧だということです。

 

お空も地上もどっちだって

本当はいっしょなんです。

(本日も自分に言い聞かせてますね)

 

ナウシカ王蟲

 

全にして個 個にして全です。

 

森と木みたいに。

 

わたしもどちらだって

同じだってもうわからないと

いけない。

 

お空も地上も。

 

天は地で 地は天なのでしょう。

 

ということで

ウェイゲラのフラワーエッセンス

舌下に3滴落とします!

 

f:id:utaori:20170424132948j:plain

唐突に自撮り女子みたいな写真を。娘のプリクラを見て、虫歯ポーズとかも研究中(うそですけど)。前髪つくりました。

 

犬の名前、娘がモモと名付けましたが、誰も正式な名前で呼びません。

もすけ→おもす→おもふ→もうふ→モフマニノフ

と、ロシア人にまで展開してきました。

 

ミシマ社のコーヒーと一冊シリーズの『声に出して読みづらいロシア人』は最高におもしろいです!