Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

自分に帰ろう

 

高校サッカー

泣きました…

 

 

実は

小、中の同級生が、

 

サッカーの名門の

某校の某監督で、

 

今や名将として

名を連ねていることが

自慢でならないのですが、

 

(実家がけっこう近いとか、それだけで)

 

もうその高校に限らず

試合に出てない選手まで、

なんかたまらんかった。

 

 

 

自分の高校時代といえば、

 

 

こじらせまくっていて、

 

 

部活にも入らず、

 

レンタルレコード屋

ひたすら通い、

(通いすぎてバイトにスカウトされた)

 

宝島とオリーブを

隅々まで読み、

 

わかってるんだか

わかってないんだか

純文学を好み、

 

学校休んでも

行きたいライブには

ひとりで行き、

(ダイブをもろに頭に受けて氣が遠くなったり)

 

 

少女特有の潔癖さと

反骨心のようなもので、

 

自分だけのきれいな

世界を作り上げていて、

(部屋は汚くとも)

 

それにそぐわない

違和感のあるものは

ものすごい切れ味で

叩き斬りまくっていた。

 

(エア日本刀みたいので

自分の半径を作っていて

その中には決して入ってくれるな!

みたいな感じだった)

 

見た目、いつも口が開いてて

相当アホっぽかったですけど(笑)

 

 

先日、

 

導引(どういん)の専門家である

タカヒロさんに

からだをみていただく

機会があったのですが、

 

(導引は大変に歴史の深い中国の養生法です)

 

からだのホームポジション

お話になって、

 

生活の中で

ずれたり乱れたり

することはあるだろうけど、

 

自分でホームに

戻せることが

大切ってことを

教わるのですが、

 

タカヒロさんは

からだとこころは一致

という立場から

お話してくれるので、

 

それがわたしには

とてもわかりやすく、

 

からだにホームポジション

あるように

こころにもホームポジションはが

あるのだと思うし、

 

 

わたしの場合、

 

こころのホームポジション

 

高校時代の

日本刀の半径の内側

みたいな場所なのかな

って思っている。

 

その領域のことが

いちばんみずみずしい

よろこびをくれるし、

 

理屈抜きに

自分の中心!

って感覚があるから。

 

 

タカヒロさんに

 

「あなた、意外なほどグラウンディングできてるのね!さすがだわ!」

タカヒロ風にお読みいただきたい)

 

って言ってもらったことも

光栄でした。

 

 

そうなんです。

 

以前は

飛んでいきたくてしかたない

風船のようにフワフワしてた

かと思うのだけど、

 

今は自分でも

そういう感じがしない。

 

 

グラウンディング

ワークはずっとやっていたので、

 

ちゃんとからだに

反映されているって

確認できたことが

うれしかった。

 

姿勢もほんの少し

修正するだけで

よかったようで、

 

前のめりすぎ!

みたいな 、

 

もっとニュートラルに!

みたいな、

 

わたしの傾向も

バランスが取れて

きているのかなって、

心強く感じた。

 

  

マインドからボディは

変わるし、

 

ボディからもマインドは

変わる。

 

 

これはどこか、

神聖幾何学の講座で

聞いた話にもつながる

ように思えて、

 

ひとつの動きが起こったとき

反対側でも同時に

動きが起こっている。

 

 

ボディもマインドも

 

いろんな体験を通して

本来のホームを

離れてしまうことは

あるけれど、

 

自分というホームが

どこなのか

自分が認識できていれば

自分でホームに戻せる。

 

 

地上での暮らしは

 

遠征先みたいなもので、

 

 

本当の源である

超地元!みたいな

魂のホームに帰る

途中の仮住まいとしても、

 

この仮住まいこそが

 

超地元に帰るための

足先を照らす光

というか、

 

このホームを

自分が本当の本当に

愛することが

 

実は超地元への

帰り道なのかな

ってことも、

 

タカヒロさんから

教えてもらったと思う。

 

 

 

仮住まいのすべてへの

感謝ならたっぷり

あるのだけど、

 

(「屋根があってありがとう!」とか、「トイレよ!あなたのおかげでどれほど快適に生きられることでしょう!」とか)

 

ここを本気で没頭して

楽しめているかって言ったら

わたしはそうじゃないので、

 

たとえ仮住まいでも

没頭してみる

っていうのは、

 

タカヒロさんの

セッションでも

浮上しましたが、

 

以前から

信頼する方数名から

指摘してもらっていること。

 

 

 

実はどこであっても

超地元!に

繋がっているのだし、

 

水が合っても

合わなくても、

 

自分が来たくて

来てる場所なのだし、

 

仮住まいの

地上の自分という

ホームを

こんなすてきな

場所にできた!って、

 

 

みんなが楽しめたら

いいなって思う。

 

 

 

 http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20190113104802j:plain

ピンボケですいません。

 

仙骨がきれいに立っているおふたり。

タカヒロさん、アマミヤアンナさん)

 

タカヒロさんは年齢で言ったらずっと年下ながら、どっしりと受け止められるキャパがすごい。かといって、無邪気なちびっ子のようにもなれたり。存在の振り幅について、タカヒロさんのSM理論がおもしろかった。

 

 

 

f:id:utaori:20190113120113j:plain

やばば!な庭園。

 

 

 

 

f:id:utaori:20190113121115j:plain

なんと、お茶のお点前もいただきましたのよ!

 

祓い清めが徹底されている感じとか、

茶道は神事でもあるかなと思う。

 

 

茶室は宇宙船かも。

 

 

 

 

 

現実化のミソ

 

 manifestation

現実化 

 

 

思考が現実化すると

いうことは、

 

量子力学でも

証明されていて、

 

わたしには読んでも

さっぱりわからないながら、

 

量子もつれとか

シュレーディンガーの猫

とか、それに該当する

考えになるのだと

思いますが、

 

これはまたパラレルワールド

証明でもあるのだと

言えそうで、

(わかってないくせに)

 

どうやらわたしたちは

瞬間瞬間自分の

周波数にあった

パラレルを

渡り歩いて

いるようで、

 

人生のストーリーは

実は選べる。

 

(実際は現在の自分の周波数をなかなか手放せないことで現状が変わらないってことが多いにしても)

 

 

 

それぞれに地上での

テーマとしてきた

ことがあるから、

 

それに沿っての

選択とはなってくると

思うけど、

 

その選択に確信が伴えば

周波数がチューニングされて、

思考は現実化する。

 

 

現実化といえば、

アファメーション

思い出されますが、

 

もちろん

アファメーション

ビジュアライゼーション

もパワフルだけど、

 

それが手に入らない自分

っていうイメージを

強化している場合も

あるので、

 

そこには注意が

必要かなと思う。

 

 

法則を知っても、 

思考には思い込みがあるので、

 

ネガティブな方に

反映されてしまうことも多い。

 

アファメーションの基本として、〇〇できるようになる、という宣言だと、〇〇できない自分を宣言していることになってしまう。もうすでにそれを体験している自分を宣言する。あと、漠然とした未来よりも、次の一歩的に具体的な内容が、望む未来につないでくれると思う) 

 

 

 

思考は現実化するというのは

 

周波数が現象化していると

いうことなのだし、

 

だとしたら

 

思考的なアプローチ

よりも先に、

 

自分の観念や執着をひたすら手放して

記憶をクリーニングしまくることで、

 

自分の周波数を

ひたすら軽くしていくのが、

 

望む自分を生きるための

近道なのかなって思ってて、

 

 

思考的なアプローチだと

叩き込まれている常識の範囲内の

イメージしか浮かばない。

 

Aという問題と

Bという問題と

Cという問題が

同時に解決されている

パラレルはバリバリに

あり得るのだけど、

 

そんなことあり得るはずない

という思いから

自分の中で、

それは選択肢にも上らない。

 

その制限の範囲内で

わたしたちは

思考を実現している

だけなのなら、

 

本当の本当の

無限の可能性が

生きてないって

思えて、

 

 

思考を現実化するぞ!

っていう

引き寄せ的態度よりも、

 

思考を外して

自分が軽く軽く

なって行く方が

 

(前回の記事のバックパック

が軽くなればなるほど)

 

いろんな制限を

ぶっちぎった

未来が体験できる

のだと思う。

 

 

とはいえ、

 

やはりわたしたちには

長きにわたる

根強い思い込みが

あるので、

 

なにか目的に至るには

A→B→Cという

プロセスが必要って

まだまだ思ってるし、

 

自分の周波数が

変われば意図した瞬間、

AもなくBもなく

即C!

というのが宇宙の法則

だとしても、

 

わたしたちの多くはまだ

A→B→Cのプロセスが

 

A→Cと

スキップしたりすることに

 

「おお〜っ!」って

なりたいのかなって思う。

 

 

要するに、

 

お味噌を作るぞ!

となったら、

 

本当は

目の前に即味噌!

みたいなことは可能だけど、

 

 

わたしたちは

味噌というものは

 

寒い季節に

 

大豆を煮て、

 

味噌玉を作って、

 

樽に仕込んで、

 

熟成させて、

 

何ヶ月か後に

完成するって

思っているから、

 

 

意図したら

即味噌っていうのも

まだ興ざめというか(笑)

 

 

味噌玉を

樽に詰めたら、

 

3日後くらいに

もう完成!

 

みたいな

A→Cくらいの

ラクルに

「おお〜っ」って

なりたいのかなって。

 

 

味噌作り、

 

今年は挑戦してみたいのですが

ご指導いただける方

大募集中です!

 

もちろん普通に

A→B→C的工程の(笑)

 

 

あと、

今日のタイトル

うまいこと言ったなって

思ってるのですけど

どうでしょう?(笑)

 

 

 http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20181102102225j:plain

歩いてて一目惚れした木。大きな木が大好き。

 

「あらイケメン!」と人に振り返ることはありませんが、木に振り返ることはよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

まとめサイト的?統合案内

 

新年あけました!

 

今日は

いきなり重量級の記事と

なりそうな予感で

いっぱいなので、

 

残ってる甘栗とか

あったらどうぞお手元に

取りに行ってください。

 

(お正月になると甘栗売ってるのってなんでなのでしょう?)

 

 

セッションを通して

教えていただいたこと、

氣付いたこと、

 

現在の地点で

一度まとめてみたい。

 

 

自分のパターンからの

ブレイクスルーを目指して、

 

シェアできたらと!

 

 

わたしがインナーチャイルド

注目するようになったのは、

 

水をどこから流しても

必ず低いところに

流れ着くように

 

どのようなご相談内容で

あったとしても、

 

インナーチャイルドの傷による

自分への抑圧的な設定に

たどりつくということを

 

セッションを重ねるほどに

知ることになったからです。

 

 

インナーチャイルドの傷」

と呼んではみましたが、

 

その自分を制限するような設定は

 

過去世から持ち越している

場合も多く、

 

今世の幼少期を超えて、

 

自分に蓄積された観念、

 

純粋な自己につながるのを

阻むような強い思い込み、

 

と言えるもので、

 

 

ホ・オポノポノで言ったら

「記憶」なのだと思うし、

 

並木良和さんの本では

「地球の周波数」って

表現されていましたが、

 

 

それぞれに自分を制限するような

書き込みがモリモリにあって、

(わたしにもまだまだいっぱい)

 

いろいろな

セラピーや

ヒーリング、

カウンセリングなどは、

 

この設定を外す

ことをしている

ことになるのだと

思うのですが。

(ボディーワークですら)

 

でも実はこの設定は

とにかく無数にある。

(よく玉ねぎの皮むきに例えられます)

 

そして、

この無用な設定、

思い込み、記憶は

 

自分を苦しめてきた

重荷のようで、

 

もう長年背負い続けてきた

バックパックみたいにも

なってて、

 

もはや背負ってることも

忘れているほどに

自分と一体化

してたりもする。

 

 

もうギュウギュウに

観念のつまった

バックパック

 

このギュウギュウ加減

というか、

 

無数の観念コレクションを

なんとかするには

 

セラピーなり

ヒーリングなり

というよりも

 

その都度自分が

解除するしかないと

感じられてならなくて、

 

インチャはセルフケア

と思うに至るのですが、

 

(その方が早いし、依存的な構造を作らない。セッションはセルフケアの足掛かりって思ってやっています)

 

 

そこで

さらに氣付くのは、

 

解放を渇望する

自分がいる一方で、

 

それに強く抵抗する

自分もいるという

内的葛藤の構造。

 

 

自分の領域では

自分は神さまだし

社長さん。

 

自分が許可してこそ

解放が起こる。

 

この

 

本でも読んだ!

 

よくよく知ってる!

 

みたいな事実が

 

なかなか自分に

反映されないのは、

 

ここの内的葛藤が原因

となっていることが

多いと感じる。

 

 

長きに渡って

背負い続けてきた

バックパックは、

 

もはやその人にとって

「自分の価値」みたいに

なってしまって、

 

もう肩の荷を

下ろしたくて

たまらないけど、

 

手放すことへの

おそれも強い。

 

 

わかる!

 

わかるよ!

 

 

歯を食いしばって

運んできた荷物です。

 

その今までの労苦が

急に

 

「ブロック」とか

「自己への抑圧」とか

 

悪いことみたいに

呼ばれても、

 

「ムムッ!なんですと!」

ってなる。

 

 

抵抗する自分、

解放を許可しない自分は

 

重い荷物持ったことしかないから、

 

わかんないだけだと思う。

 

内的葛藤は

対立じゃない。

 

 

楽しむとか

よろこびとか

 

急に言われても

やったことないんです。

 

 

であるならば、

 

繰り返すパターンや

ネガディブな感情が浮上したら、

(内的葛藤が現れたら)

 

「ですよね〜」

という態度で、

 

聞くけど

取りあわない(笑)

(感情やドラマにのまれない)

 

もうその荷物はなくても

大丈夫だということ、

 

今まで一緒に持ってきてくれて

ありがとうってことは、

 

100万回でも伝えて、

 

一緒にバックパックから

出せるものは出していく。

 

 

ホ・オポノポノで

クリーニングしてもいいし、

 

呼吸の方法で

浄化してもいいし、

 

 

インナーチャイルドセラピーの

講座に通った時も、

 

この解放の部分については

「なんでもいい」って教わった。

 

 

要するに、

 

わたしたちがかつて

深く深く刻んだ観念だから、

 

観念、イメージのみで

外せるのです。

 

でも、

外すパスワードを

持っているのは

本人だけでもある。

 

 

観念はまた、

物質でもあるから

 

冷えとりの

毒出しのようなかたちで

出てくる場合も。

 

 

 

とにかくこの

自分の背負った

バックパックの荷物を

 

出して!出して!

出しまくること!

 

(多角的になるので、方法は複数あった方がいいと思う)

 

その荷物が軽くなって、

そのおかげで自由に行動できる

ようになること、

 

小さなことでも

本当に満足すること

よろこぶこと、

 

重い荷物を持ったことしかない

内なる自分の方にこそ

体験させてあげたいって思う。

 

 

この解放の体験の

積み重ねが

 

内的葛藤を溶かして

統合するのだと思う。

 

 

と…

 

ここで、お知らせです。

 

今日もこんなに書いていて

まだ一番書きたかったことに

たどり着いていません(笑)

 

どうしても

このまま書きたいので、

 

おつきあいをいただけます方は

甘栗追加でお願いします!

 

 

これからは、

 

分離の時代から

統合の時代に

 

と言われていますが、

 

 

それって

まずは個々の

ことなのかな?

って思ってて、

 

ひとりひとりが

自分の内的葛藤を

統合すること、

 

闇もエゴも

丸ごと全部

自分を受け入れて

愛すること。

 

それぞれが本気で

それに取り組んで、

 

それがさらに

伝播していって、

次元上昇ってことに

なるのかなって。

 

 

マザーテレサ

亡くなる直前に、

 

悪魔がついたような

状態になったそうです。

 

キリスト教の世界なので

悪魔払いのようなことを

したそうですが、

 

状況は変わらず、

 

マザーテレサ本人が

最後に

 

悪魔に思えたものは

自分のエゴだった

ということに氣づいて、

 

自分のエゴを祝福して

抱きしめて、

 

安らかに亡くなった

のだそうです。

 

聖人として生きた

マザーテレサであっても、

 

光しか見ないわけには

いかなかった。

 

闇やエゴも

すべて統合することが

必要だった。

 

 

 

このお正月は

部屋に閉じこもって

 

漫画のナウシカ

イッキ読みしていたのですが、

 

(人類の記憶の嵐!アホみたいに泣いて読みました)

 

 

ナウシカ

 

「世界を清浄と汚濁とに分けてしまっては何も見えない」

と言います。

 

 

「闇はわたしの中にもあります。だとしたらこの者はすでにわたしの一部です」

と言って、さまよう土鬼(ドルク)の皇弟の魂を救います。

 

 ラストにたどり着くシュワの墓所

「生命は光だ!お前の言うことは虚無だ!」と言われて、

 

「ちがう!いのちは闇の中にまたたく光だ」

「そなたが光なら光など要らぬ。私たちの神は一枚の葉や一匹の蟲にすら宿っているからだ」

 

とこたえます。

 

宮崎駿さんの作品が好きなのは

善と悪、光と闇を対立として

分けないところです。

千と千尋でも、カオナシ連れて行きますよね)

 

 

光も闇も、

清浄も汚濁も、

 

きっと

 

どちらもすべてに

含まれていて、

 

呼吸のように

相関している。

 

 

まず、自分の中に

統合を取り戻すこと、

 

他でもなく

わたしが本気で

やってみようと

思っています。

 

 

「生きることは変わることだ」

 

って、ナウシカも言ってるよ!

 

 

 

 http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20190103134914j:plain

大宮氷川神社にお参りに。

 

 

f:id:utaori:20190103135803j:plain

本殿ではないですが、池に囲まれたここもお参りするのが好きです。龍神さまがいそうで。

 

 

f:id:utaori:20190103154120j:plain

さらに、ちょっと離れた場所にある氷川女體神社にもお参りに。(西日がギュイーンってなった)

大宮の氷川神社が男体社で、こちらは女体社と対をなしている神社だとか。陰陽があると知っては両方行かずにはいられない。

龍神さまが結んでいる神社でもあるから、ここにも池(沼?)がある。

 

場所的に大変だったけど、行けてよかった!!!大好きな場所でした。

 

行きは駅からタクシーだったけど、

(運転手さんとめっちゃしゃべった)

 

帰りは歩いて、

この日はひたすら歩いた。3時間以上はただ歩いてたと思う(合計したらだけど)。どこか奉納的に。

 

今年はなぜかいっぱい歩きたいって思っています。

 

 

 

 

プレイを止めるな!

 

アセンション

 

意識のシフト

 

地球の5次元化

 

などのワードが

飛び交ってくると、

 (メインストリームではないにしても

トンデモ扱いでもなくなってきてるのかと)

 

なんだか、

シンクロまみれ!

ラクル三昧!

みたいなことが

起こりそうですが、

 

自分の身の回りだと

具体的にどういうことなの?

っていうと、

 

やっぱり、

それぞれが目の前の

自分のことをやるって

ことになるのだと

思うのです。

 

 

そのときそのときで、

 

自分のテーマをクリアして、

 

自分のニーズを満たしていく。

 

 

トンデモどころか

至極まっとうな感じがする。

 

 

その先に、

 

シンクロまみれ!

ラクル三昧!

 

みたいのがある

のだと思う。

 

 

それぞれがインディペンデントとなり

それが他者とも調和していく妙というか。

 

 

次元上昇した世界って

そういう感じ?

 

ワンネスゆえの

自主独立。

 

ナウシカ王蟲のように

全にして個、

個にして全。

(お正月はナウシカ一気読みの予定です!)

 

 

今目の前にある現実、

自分のテーマは

 

自分を知るための、

最新の情報なのだと

思うし、

 

自分のバランスをもとに戻すための

実はゲームみたいなもので、

(渦中だとなかなかそうは思えないけど…)

 

もうなんとしても

自分にプレイして

もらうしかない。

 

 

しかも、

びっくりなのが

それがどんな

無理ゲーであったとしても、

 

そのプログラムを

決めたのは自分だという…

 

 

ピーチ姫が目的のようで

実はクッパも欠かせない

イベントで、

 

最初からピーチ姫だと

自分が地上で得たい

体験が得られないから

クッパを自ら設定している。

 

クッパ、マジで無理…

って回避してもいいけど、

 

同時にピーチ姫も

なしになるなら、

 

どうする?って

思う。

 

 

というか、

 

クッパがいてくれる

おかげで、

 

氣づきのイベント

成長のイベントが

あって、

 

その先にピーチ姫が

いるなら、

 

クッパありがとう!って

なってくる。

 

クッパ

ピーチ姫も

同等というか、

 

敵とか

なくない?って

 

(30年前のマリオの記憶でしゃべってます)

 

さらに

忘れてならないのは

 

そのゲームの

主役は自分だってこと。

 

 

そこで

自分なんて…

 

ってなってても

 

マリオ動かなくなっちゃう

だけなので、

 

自分にダメ出しは

本当に無用みたいです。

 

 

マリオが

「自分なんて…ヒゲの小っちゃいおっさんですし…」

ってなっててもじゃないですか?

 

 

どんな

無理ゲーであっても、

 

クリアできないことは

一度置いといて、

 

その画面を

まずは受け入れて、

 

クッパ的なにかとか

まるごと感謝することで

 

別の展開が

はじまるのだと

思う。

 

 

とか、

書いておりますが、

 

ここ最近、

 

まさに「動かないマリオ」みたいに

なって過ごしておりました(笑)

 

あはは。

 

わたしのラスボスみたいって

感じているイベントが

数年来ある。

 

 

地球という星は

今とても波動が

軽くなっていっているそうで、

 

そこで暮らしている

わたしたちもやはり

古い地球の観念は、

ごっそり手放して、

 

軽くなっていかないと!

っていう時期みたい

なのですが、

 

 

それぞれに、

もう後回しにできない

いよいよのなにかに

氣付いたり手放したり

していくのだとしたら、

 

それぞれのラスボスみたいな

なにかに遭遇している人は

すごくたくさんいるのかな?

って想像します。

 

 

2020年くらいまでの期間、

 

2万6000年に一度の

宇宙からの後押しが

あるのだそうです。

 

時間は地球では

軽視できませんし、

 

ラスボスウェルカム!

でいたいですね。

 

(動かないマリオになってたくせにですけど)

 

今までの基準を

早めに手放すのも

よさそうです。

 

しあわせはこういうものとか、

家族はこういうものとか。

 

答えはいつも

自分のこころに聞く。

 

 

シンクロまみれ

ラクル三昧

はきっともうすぐ!

 

 

プレイを止めるな!

 

カメラを止めるな!観ていないですが)

 

 

 

 http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20040206102227j:plain 

これ、なんかじわじわきませんか?(笑)

 

さっぽろ雪まつり。市民が作った小雪像エリアで。10年以上前の写真だけど。

 

今日地元のお店で北海道物産展やってて、小樽から来ているお店の人と話したらうちの実家の地名が出てきてうれしくなった。飯寿司(いずし)という北海道で食べられる米で魚を漬け込んだのが買えたのもうれしい。

 

 

f:id:utaori:20171031173553j:plain

終わりそうで終わらないこのブログ。

どうぞもう少しおつきあいを!

 

ウクレレを持っているのは、まりなちゃんfrom神戸。

 

去年はるばるセッションを受けに来てくれたとき

歌を1曲プレゼントしてくれたのですが、

はしゃげ!ウニヒピリ - Healing room 3

(↑くわしくはこちら)

 

最近わたしが動けないマリオ状態にあったとき、まりなちゃんからのメールが不意に届いて、めちゃめちゃ励まされました。

 

セッションその後のご自身の変化、

ご結婚されて(!)

今年9月には娘さんが誕生したこと(!)

 

添付してくれた写真が光に満ちていて、祝福がいっぱいで、涙が出ました。

 

 

まりな特集を書いた過去のブログを読み返してみたら、その時もわたしなにかに落ち込んでいて、まりなちゃんのおかげでそれが吹き飛ばされたって書いてあって、

 

今回もそんなタイミングでまりなの光がやってきました。

 

 

もう偶然とは思わない。

 

 

 

まりなちゃんがセッションを受けに来てくれたのは1年以上前になるので、わたしは今以上に未熟であったと思います。

 

それでもこんな風にご報告をもらえて、それどころかすごく力づけていただいて、

本当にしあわせな仕事をさせていただいているのだなって、改めて感謝があふれます。

 

 

それぞれのテーマに向き合って

今とても苦しい時期にある方も

多いかもしれません、

 

今までセッションを受けてくださった方は

それぞれに年齢もテーマも環境も

違っていますが、

 

わたしにとっては

どのセッションも

自分のセッションでもあると

思っています。

 

 

このブログやワークショップの企画は

セッションのフォローアップになったらという

思いもあります。

 

 

今回まりなちゃんがそうしてくれたように

先が見えなくなってしまったときの光みたいになったらうれしい。

 

 

f:id:utaori:20171031173321j:plain

まりなちゃん、そういえばサイドバーンで髪も切っていってくれたんだよな。岡田くんが切ってくれました。

まりなの未公開写真で本日は終了。

 

 

2018年いただいたご縁に重ねて重ねて感謝を!!!

 

 

 

 

 

 



 

 

1月ワークショップのおしらせ

 

続けてお知らせとなります!

 

1月の個人セッション

引き続き受け付け中です。

 

常時受付のようにしたくて

今回はご予約枠を多く

もうけました。

 

平日のみの上、

ご不便な場所ではありますが、

 

今だ!という

タイミングがありましたら、

 

ご予約をお待ちしております。

 

 

ここからは

 

1月のワークショップの

お知らせです。

 

過去の記事でも

触れてまいりましたが、

 

自宅でのワークショップを

はじめます。

 

題して

 

<コタツのある宇宙船>

 

(春が来たらタイトルは見直します(笑))

 

 

以下

1月開催の第1回のお知らせとなります。

※定員となりましたため、受付終了しました。ありがとうございました!

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

タツのある宇宙船

 

第1回

 

自分に目覚める!

神聖幾何学 綿棒部

 

【内容】

 

神聖幾何学の立体を

綿棒で作るワークをご体験いただきます。

 

ベクトル平衡体とマカバの2種類を

作成予定です。

 

(材料はこちらで準備しますので

ご用意の必要はありません)

 

わたしがこのワークに

夢中でならない理由も

時間のかぎり

お伝えしたいです!

 

部活のイメージで

綿棒部としました。

 

神聖幾何学そのものに

ご興味がなくても

以下の内容にピンと

くるものがありましたら

ぜひ入部をお待ちしております!

 

 

◇ 本来の自分に目覚めて生きる

 

◇ 葛藤から解放される

 

◇ 新しい視座を持つ

 

◇ 美しさ、心地よさから真理に触れる

 

◇ 瞑想に興味がある

 

◇直感力を上げる

 

 

【日時】

2019年1月18日(金)

13時より

16時まで

 

【場所】

埼玉県鴻巣

(駅まで車お迎えにあがります。詳しくはご予約後に)

 

【ご参加費】

5,000円

 

 http://healingroom3.com

ホームページのお申込みフォームから

「コタツのある宇宙船」として

お申込みをお願いいたします。

 

メッセージもいただけたら

うれしいです!

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

はるばるのお越しとなる中

どれほどの方にご興味を

持っていただけるか

わからないため、

 

当初、3名以上で開催と

しようかと思ったのですが、

 

おひとりでも

ご希望があれば

開催したいです。

 

なぜなら

わたしがやりたくて

たまらないから…

 

フリーイベントにできたらいいのですが、

 

場所やもろもろの

エネルギーとして

ご参加費について

ご了承をいただけましたらと。

 

 

いつもはセッションルームとしている

和室にこの日はコタツをご用意して

お待ちしております。

(某無印良品のおしゃれコタツみたいなの。おつめあわせいただけたら6名までお座りいただけそうです)

 

また、

駅まで車でお迎えに

あがりますが、

 

ワンボックスカーに

お乗り合わせいただくという、

マニアックな温泉地のような

送迎スタイルとなります。

 

 

この上なく

地球シチュエーションでの

宇宙船をどうぞお楽しみに!

 

 

 http://healingroom3.com

 

 

f:id:utaori:20181227135303j:plain

各自直通!が綿棒部の合言葉よ!

 

嘘のない自分の声を聞くのよヒロミ!

 

(エースをねらえ?昭和すぎてきっとみんな知らないわ!)

 

似合わなすぎるけど、わたしが部長でいいかしら?

 

当日相談させてください(笑)

 

 

 

 

f:id:utaori:20181227134613j:plain

撮影してると必ず写りに来る。

 

この写真、上段下段のベクトル平衡体と

中段のマカバが角度的に同じ形に見えるところに

萌えまくる。

 

ある種の変態というか、陰陽統合フェチ。

 

 

 

 

 

1月個人セッションのご案内

1月の個人セッションの

ご案内をさせていただきます。

 

 

すべて埼玉県鴻巣の自宅での

セッションとなります。

 

ご不便な場所かと思われますが、

 

それぞれ最適なタイミングで

ご縁をいただけましたら

さいわいです。

 

ご予約可能日は以下の

とおりとなります。

 

 

鴻巣自宅>

 

1月11日(金)

1月15日(火)

1月17日(木)

1月21日(月)

1月23日(水)

1月25日(金)

1月28日(月)

1月30日(水)

 

 ◎お時間は全て11時より

 (1時間程度お時間前後できます。必要でしたらその旨ご連絡ください)

鴻巣駅まで車でお迎えにあがります。詳しくはご予約確定後にお知らせいたします

 

 

http://healingroom3.com

ホームページのお申し込みフォーム より

お申し込みをお願いいたします。

 

 

 

2月以降の個人セッションにつきましては

 

鴻巣の自宅と

西荻窪”くしま”をお借りして

2ヶ所で行う予定です。

 

”くしま”でのセッションについては

卓上で筋反射をとりながらの

座ってのセッションとなりますため、

 

詳しくはまたご案内させていただきますね。

 

 

 

大きな意識のシフトが

せまられるこの時期、

 

空回りばかりしたり、

 

自分のパターンを抜け出せなかったり、

 

自分の記憶、

自分の波動が

現実をつくってるって

わかってるからこそ、

 

むしろ今まで以上に

つらく感じられる時期を

過ごしている方も

すごく多いのではと

感じています。

 

年内にまた

あらためて書きたいって

思っていますが、

 

今目の前にある

それこそが

自分のプログラムなのは

まちがいなくて、

 

渦中にいると

まったくそうは

思えないのも

よくわかるのですが、

 

 

プログラムが始動していることを

どうぞよろこんでみてください。

 

チャレンジングな自分、

なかなかやるな!とか

思っててください。

 

なるべく頭で考えないで

純粋な衝動で

選択してみてください。

 

ひたすら自分を大切にしてください。

 

(服部みれいさんの発信している方法はなにもできないときほど力強いサポートとなってくれるので、ピンとくるものはガチでやってみることをおすすめします!)

 

いよいよのなにかを手放して

それぞれが飛べちゃうほど

軽やかになっていくために、

 

自分が選んだプログラムです。

 

 

それでまた

3次元的に

重くなってたら

本末転倒なのです。

 

ここはそのトラップに

はまらない!

 

はまらないったら

はまらない!!!

 

 

 

何もかもが

しんどく思えても、

 

少しでもくすりと

笑える何かを

自分に見つけてあげて

ください。

 

軽く軽く

あってください。

 

赤ちゃんみたいに

素直になってみてください。

 

 

トンネルは絶対絶対抜けます。

 

 

いよいよ生きたい自分を

生きられるための

イニシエーションが

はじまってるって

ことなのだと思って、

 

どうぞ楽観的に

いてください。

 

 

って、

 

ちょっとだけ触れるつもりが

 

熱すぎるのは

性分なのですが、

 

セッションでお役に立てましたら

何よりと思っております!

 

おひとりおひとりに

最適なタイミングで

ご縁をいただけますことを

お祈りして。

 

 

 

Healingroom3

榎本かおり 

 

http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20170206081824j:plain

デビルマンに首を飛ばされているわたし。

 

いろいろ気になりすぎる顔出し看板。

 

くすりと笑えるといえば、ということで。

 

 

f:id:utaori:20180707130814j:plain

こっちはさらにシュールじゃないですか?(笑)

 

なぜタツノオトシゴのお腹から顔を出すことになったのか。

そして、なぜうちの親はここでも写真撮っちゃうのか。

 

どさんこですの。

 

もう実家はないのですけど、

帰りたいなあ冬の北海道。

 

さっぽろ雪まつりは2月の初めだったと思います!

(急に観光情報で終了)

 

 

 

 

おしりの統合?

長きに渡り

ばれない程度に

ひきこもりとして

生きてまいりましたが、

 

このところは

ばれて差し支えない

ひきこもりへ

静かに移行中です。

 

 

できれば

出かけたくないし、

 

なんなら

自分の部屋からすら

ほとんど出ない日もある。

 

これは今自分の存在が

大きく変化している

時期ってことも

あるかとは思いますが、

 

もともと

そういう人っていうのもある。

 

 

誰かと会ったり

話したりすると、

 

自然に盛り上がってまうし

ゲラゲラ笑ってもいるから、

 

どちらかといえば

自分は社交的な人に

映るのかなとも

思うのですが、

 

 

大勢の集まりは

苦手ですし、

 

片手で数えられるくらいしか

友だちっていないし、

 

ひとりでいることも

すごく好き。

 

 

かといって、

 

人と会ってるときは

 

無理しているのか

って言ったら

そういうわけでもなくて、

 

 

誰かを前にすると、

 

自然に興味のあることが生まれて

 

どんどん聞きたいこと

話したいことが

浮かんでくるし、

 

それが大体

おもしろい方に

展開してしまって、

 

結果、

わっはっは!

ってなる。

 

これは自然にそうなる。

 

 

でも、

 

わたしの本質は

ひとりで「しん」ってしてる

ときの感じだと思ってる。

 

 

昔から思っているのですが

 

本当に心の底から

楽しいときって、

 

別に、

「ウェーイ!」って

盛り上がってるわけ

じゃないというか、

 

見た目は「しん」って

してたりすることも多い

のではないでしょうか。

 

「しん」ってしてる時ほど

自分にとって大切な情報を

受け取れるとも思う。

 

 

どちらかといえば

暗い自分が好きだし、

 

最近は本当に

ぼーっとしてもいて、

 

うっかりの失敗が

いっぱいあるのだけど

 

まあいいか…

ってなってる。

 

 

無理してないし、

 

暗いのもぼーっとしてるのも

自分らしいとそのまま認められる。

 

 

そうなってる

一番の理由は、

 

神聖幾何学

麺棒ワークかなと

思います。

 

 

詳しくは来月開催予定の

ワークショップでも

お伝えしたいのですが、

 

 

宇宙に満ちている

高周波のエネルギーは

神聖幾何学の波動とも

言えて、

  

それを知識としてではなくて

麺棒ワークで

自分の手を使って

体験していくと、

 

自ずとその波動が自分に

インストールされるというか、

 

 

対立とか葛藤とかが

本当はありえないこととか、

(平面意識がそう見てしまうだけで)

 

どのひとりの存在も

欠かせないこととか、

 

わたしたちが体験していること、

現象化していることは

見えない世界の波動が

投影されているだけなのだ

ということが、

 

理屈ではないところで

わかってくる。

 

 

そうは言っても、

 

自分のホットなテーマとなると、

 

そのドラマに

持って行かれることもありますが、

 

スクリーンってことも

忘れるほど最前列で

投影を見ちゃってる自分…

 

という客観的なツッコミが

得られる。

 

 

平面的ではない

立体的な視座が

解放してくれる

ことがあります。

 

 

 

サロンの名前を

Healingroom3

(ヒーリングルームさん)

としていますが

 

ヒカルランドから出ている

トッチさん磯正仁さんの

神聖幾何学の本によると、

 

3は見える世界と

見えない世界を

つなぐ数霊(かずだま)

だそうです。

 

平面意識と

立体意識との

架け橋なのだとか、

 

 

今までのわたしたちは

 

上下、優劣、善悪、

のような二元性を

前提に生きてきて、

 

でもそれって、

 

そう見えていただけで、

 

異なると思う二極は

実は立体意識から見ると

同じであること。

 

三角(平面)って

思ってきたものって、

 

本当はもう一点を

加えた4点を繋いだ

正四面体(立体)

だったということ。

 

3は平面意識で

本当は4の影。

 

なんのこっちゃ

かもしれませんが、

 

 

見える世界と

見えない世界の

架け橋。

 

Healingroom3と名つけて

やりたかったことは

これなのかなあって

思っています。

 

まずはわたし自身が

もっと体験をしていく

必要がありそうですが。

 

 

あと、

 

3って

寝かせると、

 

おしりみたいな

かたちになります。

 

分離って

おしりみたいな

ことだなとも

思うのです。

 

右のおしりが

左のおしりを

批判しても、

 

外から見たら

「いや、ひとつのおしりですけど…」

って話だと思うのです。

 

 

架け橋及び

おしりの統合。

 

 

今はIHセッションや

インナーチャイルドのワーク

などの方法を通して、

 

それぞれが

自己認識を深めて、

 

それぞれが

自分を癒すこと

自分を満たすことの

 

お手伝いを

しているのだと

思っていますが、

 

その先に目指しているのは

これなのかなって感じています。

  

 

  http://healingroom3.com 

 

 

f:id:utaori:20181221114740j:plain

今日のベクトル平衡体。

 

ほぼ、一日一ベクトル平衡体のペース。

 

 


 

f:id:utaori:20181208141414j:plain

ベクトル平衡体とマカバの組み子。

 

ねらったわけではないけど、『マリイ』の表紙っぽい色分けに。

 

組み子となるとやや複雑で集中するからか、作ってるとき変性意識状態になってきて、呼吸がものすごく深くなってきたり、そういう変化もおもしろいです。

 

この組み子はある祈りを込めて作ったので、すごく大切。

 

 陰陽の統合はすでに。