Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

インナーチャイルド甘やかし隊

 

いよいよ大団円

かもしれません。

 

母が亡くなってからの

実家のあれこれ。

 

この夏は

本当にすごい

展開だった。

 

実家は母が

亡くなってから

無人の状態で

3年半。

 

事情もあって、

気を張って、

維持してきたけど、

 

この夏、

帰ったときに

いろいろ問題が

浮上して、

 

以前から

お世話になっている

ある業者さんに

相談したところ、

 

Aさんを紹介してくれて、

 

お忙しいAさんが

奇跡的にその日

実家の近くの

仕事場に向かっていて、

会うことができて、

 

翌日には別の専門家の

Bさんをご紹介いただいて、

 

こちらも

超ご多忙ながら、

奇跡的にすぐに

会うことができて、

 

短い実家の

滞在期間中に、

 

信じられないほど

話が進んだ。

 

不動産、

みたいな話ですから、

 

「悪い人もいるから気をつけて」

 

みたいに言う人も

いそうですけど、

 

わたしはそうかな?って、

思ってるし、

 

そんな人は影すら現れず、

 

むしろ、

タフな業界なのに

 

信じられないほど

血の通った、

 

気持ちの部分を

ケアしてくれるような

方ばかりが登場した。

 

皮切りとなってくれた

業者さんに

実家の状況を

ぼそりとつぶやいたところ、

 

あという間に、

Aさんが現れ、(神!)

Bさんが現れ、(神!)

 

さらに、

北海道から自宅に戻ってからは

他の専門家の

Cさんが現れ(すこぶる神!)

 

Cさん、超絶的な

判断力と行動力を

超短時間で発揮して

いただいた

ある出来事が

あったのですが、

 

「大したこと

ありませんから」

って風情で

お別れして、

 

いやいや、

同じお仕事でも

なかなかこんな風に

してくれる方は

いないだろうって

気がしてならなくて、

 

北海道のAさん、

Bさんに、

 

Cさんのお話をすると、

 

そんな話は聞いた

ことがないって、

 

Cさんの手腕を

口を揃えて

讃えていて、

 

昨日はBさんからいただいた

メールが専門的すぎて

わからない部分があったので、

 

Aさんとお話する機会に

相談してみたら、

 

こちらについても、

 

Bさんの尽力による内容で、

なかなかそんな話は

聞いたことがない、

 

とのことで、

 

AさんBさんCさん間の

それぞれを讃える

感じにもなんか

高揚したのですが、

 

(神っぷりが一番すごかった

Aさんのお話は長すぎて端折らないと

いけないのが残念でなりません)

 

わたしはこのご恩を

これからどこに返したら

いいのでしょう?

 

という状況。

 

(もちろんIHのお仕事ではありますが)

 

母が亡くなって

からのことは

いつもこうだった。

 

わたしが困った!

ってなったら、

 

必要な誰かが現れる。

(温かく、でも冷静に

サポートしてくれる誰か)

 

今回のことにも

母の気配がひしひしと。

 

 

この夏の帰省では、

もうひとつおもしろい

ことがありました。

 

実家に滞在中、

 

古いタンスの観音扉が

自然とギーッと開いた。

 

立て付けが悪く

なってるのかなと、

あまり深く考えず、

しっかり閉じてみたら、

 

またしばらくすると

ギーッと開く。

 

実家に着いたときには

ぴったりしまっていた

この観音扉。

 

そんなに頻繁に

開いちゃうほど

立て付けが

悪いのだったら、

帰ったときに

開いた状態

だったはず。

 

 

母だ、

 

って思いました。

 

中にある何かを

持って行くように

言ってるのかなとも

思ったけど、

 

なにを伝えたいのか

その時はわからずに、

 

埼玉の自宅に戻った

その後、

 

Bさんから

ある書類が必要だから

実家を探してきましょうか

とのご連絡が。

 

もちろん

タンスの観音扉を

探してもらいました。

 

書類見つかる。

 

 

お母さん、

 

「姉ちゃんここ!」(1回目のギーッ)

 

「姉ちゃんここだからね!!!」(2回目のギーッ)

 

って言ってたんだと思う。

 

目に浮かぶ

本当にそういう人でした。

 

肉体を超えてなお

娘に甘い。

 

どこにいても

母はいつもそばにいるって

感じているけど、

 

実家は母の領域だから

派手にアピールしてくる(笑)

 

長々とこの話を

しているのも、

 

母はこれといった意識もなく、

ただ思うようにわたしを

甘く甘く育てたことで、

 

大分やばい娘が

仕上がったことは

否めないのですが、

 

おかげでわたしの中に

強靭に育まれたものが

あって、

 

それは

 

どの子どもも

ただ肯定されて、

 

いのちとして大切に

されてほしいという

思いです。

 

わたしがそうしてもらったように。

 

この表現では

控えめすぎるほど、

 

そうじゃないことが

がまんできない。

 

 

にもかかわらず、

 

わたしにできることは

ナノとかピコとかの

極小単位です。

 

なんなら

たったひとりの娘に

理不尽に怒鳴ったり

することだって

めずらしくないですから。

 

リアルな母としての

キャパは全然小っさい。

 

そんなわたしが、

これならば!と

手応えを感じているのが、

 

そしてものすごく

希望も感じているのは、

 

大人となった

その人自身に、

 

インナーチャイルド

お世話をお願いする

方法です。

 

 

親にはできなかった

いろいろ。

 

親からかけて

もらいたかった

言葉。

 

親から受けた

傷のケア。

 

大人になった

その人は

全部やって

あげられるのです。

 

もうつらいこと、寂しいことは

おしまいのポイントに

ワープさせてあげられる。

 

現在は現在の問題が

あるかもしませんが、

 

インナーチャイルド

傷がある場合、

 

まずはその子の救出が

最優先なのだと思います。

 

どんなことをさておいても。

 

 

 

今日も長いですね…

 

しかも

本題はこれからという、

戦慄の情報を

お伝えしなくては

なりません。

 

しかし!

 

どうかここからこそ、

縦スクロールを

お願い申しあげたいのは、

 

Sさんからのご感想を

いただいてのことです。

 

 

***************************************************

 

本当に辛くて我慢してた

想いが弾けた感じでした。

 

あんなに、ボロボロ泣くなんて…

自分でもびっくりです。

 

心のしこりのさらに芯みたいなところから

想いが弾けて、涙が溢れた感じでした。

 

もう、止まらなかったし、

ずっとずっと我慢してた想い。

 

自分なりにインナーチャイルド

意識はしてみてはいたものの、

もっと深いところに

出せない想いやキズがあったのですね。

 

そして、小さな私は大人の私自身でさえも

困らせないように気をつかっていた。

 

しょうがないからとか、

理由があるからと。

 

甘えさせてくれて、引き出してくれて、

本当にありがとうございました

自分だけではできなかった。

 

歌織さんがウェルカムでいてくれたから

Sちゃんも思う存分そのまんまを

教えてくれんだって思います。

 

セッション後、なんか、安心感があるんです。

統合された感じ。あったかい感じ。

ありがとうが溢れてくる感じがあります。

 

IHセッションすげ〜(笑)

 

生きることって、循環とか調和していくこと

かなって思ってたし、批判することも、

それからは何も生まれないのだと思います。

 

ただただ受け入れて、他を認めることで

自分を愛することになるし、

世界も調和していくし、

そして循環していくって思いました。

 

一生懸命、全力でセッションして頂いて、

本当に、ありがとうございました。

 

セッションって愛ですね!

 

 

*********************************************

 

(しばし嗚咽)

 

Sさん、

泣かない子どもだったのだそうです。

 

泣かない子ども…

 

もし、ちゃんと子ども時代に

子どもができていたとしたなら、

あり得ないのだと思います。

 

子どもは

泣いたり、無理を言ったり

するもんです。

 

小さいSちゃんは

利発ゆえに、

自分の思いを、声を、

封印してしまいました。

 

前振りで書いたように、

 

泣かない子どもなんて

わたしには耐えられません。

 

大人になってからでも、

ちゃんと泣いて

自分の思いを

出してほしい。

 

Sさんは

もうお会いした瞬間から

こちらが自然と

引き込まれるような、

 

まわりをパッと明るく

してくれるような女性です。

 

医療の現場で

食事療法の指導などの

お仕事をされてますが、

 

どんな食事法で

何を食べるかという

ことよりも、

 

気持ちのもち方が

すべてなのだと思う、

 

というお話を

してくれて、

 

お若いのに

なんという

すばらしさかと、

 

到来しております

稲刈りシーズンの

稲穂のごとく、

 

頭を垂れまくって

聞かせていただいた

のですが、

 

Sさんには食を通して

気づきをもたらせる

存在になっていきたい

という思いがあります。

 

これから更に

別の領域のことも

学んでいって、

 

ご自身の活躍の場を

持つのだと思いますし、

 

そのために、

 

まずは自分の

深い悲しみを

浄化してあげる

ステップが

必要だった。

 

それをご自身で

ちゃんと感じて

足を運んでいただいた

のだと思います。

 

いやー、

 

このところ

お会いする若い世代の

みなさんに垣間見る

可能性の光が

ものすごいです…

 

未来ってこうして

変わって行くんだね、

って希望を感じられる

ような。

 

Sさーん!

ありがとうございました!

 

川幅うどん、まだ食べてないけどー(笑)

(気まずすぎる我が地元グルメ、川幅うどんについて、なにが気まずいのか、いつかここでもお話したいです)

 

さて、もう一方で、

お伝えしておきたいのは、

 

大きな変化を

ご報告いただいたような

セッションのご感想が

続いているかも

しれませんが、

 

小さな一歩を

踏み出すような

セッションも

もちろんあります。

 

まずはからだを

整えることからとか、

 

本当の自分を受け入れる

ことからとか。

 

ホップステップジャンプの

 

ジャンプを見据えての

ホップ的な。

 

本当に小さくても、

どこに繋がる一歩なのかを

意識して進むのが

大切なんだと

しみじみ思う。

 

泣かない子どもだった

というSさん、

セッションの日の

別れ際に、

 

「わたしのインナーチャイルド

泣かせてくれてありがとうございます」

 

って言ってもらって、

本当にうれしかった。

 

わたしはなにしろそれが

やりたい人です。

 

インナーチャイルド甘やかし隊!

 

IHセッションを

通して、これからも

働いてまいります。

  

http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20060903202212j:plain

ソリを引く生前の母と小っちゃかった頃の娘(おばあちゃんと孫ね)。こうやってスーパーへ買いものに。帰り道はこのソリに荷物を積んで運ぶ。車の運転をしない母の冬場のマイカーでした。

 

わたしも小っちゃい頃こうしてソリに乗った。

 

ちなみにこれめっちゃ雪少ないときね。がっつり除雪入った後だと思う。だれもそこ気にならないのでしょうけど。

 

果実を食べよ、フンをしよう

 

犬の散歩中、

川の向こうの

いつも会う

おばあちゃんに、

 

いんげんを

たんまりと

いただいた

朝でございます。

 

「もう最後だから

あんまりよくないけど」

って言って、

十分に立派ないんげんを。

 

おばあちゃんの家には

老犬がいて、

もう目が見えない。

 

大好きなお散歩にも

行けないことの方が

増えてきた。

 

おばあちゃんとわたしは

相変わらず

お互いの名前を知らない。

 

 

麦焼酎二階堂のCMみたいな

郷愁感たっぷりで

はじまりましたが、

(秋だからですかね)

 

9/26(火)の

キネシ体験講座について、

おかげさまで定員に

達しましたので、

お申し込みの締め切りと

させていただきました。

 

お申し込み、お問い合わせを

ありがとうございます。

 

初めての挑戦だった

前回の内容を、

さらに磨きをかけて、

お届けしたいと

思っております。

 

キネシオロジー

素晴らしさと

可能性を、

 

 存分に楽しんで

いただきながら、

お伝えできたらと!

 

ご予約いただいたみなさま、

 

どうぞどうぞ

お楽しみにして

いらっしゃってくださいね!

 

 

そして、

今週ひそかに

到来しておりますのが

 

関西特集!!!

 

火曜日のサイドバーンには

おふたりの方に

来ていただいたのですが、

 

それぞれ、

大阪と

神戸から。

 

しかも

この日髪を切ってもらった

サイドバーン岡田選手も

神戸出身。

 

加えて、

昨日自宅に

いらしていただいた方は

奈良のご出身でした。

 

関西弁を話す女子に

目がないわたくしとしては

興奮が抑えられません。

 

「いやや」って

言われたいのです。

 

娘を語学留学させるなら

関西です。

 

さらに!

わたしにとって

いつだって熱いテーマが、

 

うどんのつゆ

お醤油色なのは

どうなのか問題!

 

そもそも議論の

対象外のような

北海道で育ったわたくし

ではありますが、

 

西の方の澄んだお出汁の

うどんとか食べますと、

 

なんかお醤油色の

つゆが残念に思えてきて、

 

もしわたしが西日本で

生まれ育っていたら、

ぜったいに受け入れがたい

気がしてならなくて、

 

どんな話題も差し置いて

いきなり出汁の話に

おつきあいいただいて

しまったのですが、

 

関西出身でもなんでもない

わたしの得体の知れない

圧につられて、

 

Aさんは

東京滞在中に食べた

卵焼きが甘かった話、

たまにならいいけど

いつもは厳しいという話、

 

Sさんは以前東京で

某レストランガイドで

星をとっているような

日本料理店に緊張して

訪れてみたら、

 

出てくるもの出てくるもの

しょっぱくて戸惑った話を

 

それぞれ聞かせてくれて、

 

やはり!って

思いました。

 

(雑談ばかりじゃなくて

ちゃんとごセッションも

全力で行っていますので

念のためお知らせを)

 

日本文化の伝来が

相当にあやしい北海道で

育ったわたしなので

なおさらに興味が引かれて

ならないのでしょうか、

 

あと、

澄んだつゆとお醤油色のつゆの

境界線はどこなのか問題。

 

東軍と西軍が戦った

関ヶ原のあたり

なのでしょうか。

 

今日IHを受けに

来てくださる方が

なんと岐阜の方ですので、

ぜひ聞いてみたいです。

 

いずれにしても、

はるばる足を運んで

いただいていることに

感謝ばかりです。

 

 

まだまだ、

書きたいことが

目白押しで、

 

 先週は

わたし自身が

キネシのセッションを

受けました。

 

IHの講座の同期の

なおこちゃんに

お願いして。

 

なおこちゃんは

IHとはまた違う

キネシを利用した

セッションを

してくれて、

 

調整として

わたしが受けてみたかった

フィボナッチを施してくれた。

(もちろん筋反射で確認して)

 

フィボナッチ、

気持ちいい!感動!

 

なおこちゃんと

先日デートしたときに、

 

わたしの

しょうもないと言えば

相当にしょうもない、

 

深刻と言えば

相当に深刻な話の

 

相談に乗ってもらって、

 

そのときの

なおこちゃんの

アドバイスの的確さに

惚れ込みまして、

 

口説き落としての

セッションでした。

 

なおこちゃん、

絶対セラピストとして

これからご活躍される

方だって思うのに、

 

一歩を踏み出せずに

いたようでもあったから、

 

わたしが

本格的なクライアント1号に

なれたらと思って。

 

セッションの中で

印象的だったのは

 

やはり、わたしの

グラウンディング

足りないぞ問題。

 

なおこちゃんが

確認してくれた

わたしのグラウンディング率が

3%で…

 

人のご相談受けてる場合か!

って思いましたが(笑)

 

フィボナッチの調整で

83%まで回復された

そうです。

 

グラウンディングについては

日頃IHセッションを

重ねていることで

やはり弱まっていく

感じはあるので、

 

あと、わたしは

もともとお空に帰りたくて

たまらない

「この世アレルギー」なので、

 

グラウンディングって、

しなくちゃダメですか…

 

って内心思ってるのも

否めず、

 

そのせいで、

3%とかなっちゃうのだと

思うのだけど、

 

そうはいっても

肉体を、

地球の体験を

やりに来てますから、

 

実は切実に

必要だって

こともわかる。

 

昨日いらしていただいた

Eさんのセッションでも

(関西特集にして唯一の静岡在住)

 

日頃から第1チャクラを意識して

グラウンディングすることを

おすすめする場面が

あったのですが、

 

グラウンディングについては

またあらためて

まとめたいです。

  

そうそう、

なおこちゃんの

セラピストネームを

考えようよ!

って話になって、

 

いろいろ

縁のありそうな

ワードを探ったり

したのも

愉しいひととき

だったのですが、

 

後日、

なおこちゃんが

教えてくれた、

セラピストネームが

 

響きも意味も

すばらしくて、

 

名前って、

本当はすでに

その存在が持ってる

ものなのだと

改めて感じたし、

 

先に名前を付けることで

具現化していくことが

あるのだと思う。

 

お店をやりたいって

思ったら

お店の名前を先につけて

もうあるかのように

イメージしてたら、

具現化するみたいな。

 

名前を与えることで

いのちが与えられる

というか。

 

なおこちゃん

すばらしいセッションを

本当にありがとう!

 

まだまだ

書かせてください。

 

YouTubeで聞いてた

菊池成孔さんと

大友良英さんの

ラジオがおもしろくて、

(放送は何年も前のだけど)

 

「何が起こるかわからないと

思っていないとそういうことは

起こらない」

 

って話が、

本当にそうだなあって

思ったのですが、

 

 

アンダーグラウンド

ノイズミュージシャンだった

大友さんが

(映画音楽とかは

やっていたとはいえ)

 

あまちゃん

大ブレイクとか、

 

本当に思ってもないこと

だったのだろうし、

 

 

自分ってこんなものだろうとか

 

これだけしか受け取らない

 

みたいな態度でいると

ほんとうに

それだけのことしか

起こらないけど、

 

いつでもウェルカムな

態度でいると、

 

自分の準備さえ整えば

思ってもいない出来事は

訪れるのだと思う。

 

 わたしも

受け取らない設定が

相当に強かったのですが、

 

わたし用のギフトは

わたしが開けるために

あるのだって思うし、

 

それを受け取らない!

って態度が

 

誰かのためになることは

ないのに、

 

そのこだわりは

なんなの!?

 

ってニュートラルな

視点では思う。

 

目の前の果実が

熟れ熟れで実って

いるのであれば、

 

採って味わったら

いいのだし、

 

自分が果実を

味わったからこそ

 

広がっていく恵みが

あるのだと思う。

 

他に食べる人が

いないのに

目の前の果実に

手を伸ばさないで

どうする、

 

自分の名前の書いた

ギフトは自分が

開けなくてどうする、

 

って話は

 

セッションでも

頻繁に出てくる

内容です。

 

 

自分がその果実を

採ったら、誰かに

行き渡らなくなるなんて

ことは絶対にないって思う。

 

目の前の果実は

目の前の人が採るため

実るのだと思う。

 

それを採ることで

傷つく人なんて

誰もいないし、

 

むしろ採りたいのに

採らないことで

せっかくの果実は

木から落ちてしまう。

 

果実は食べて

もらうために、

 

その種を生きものに

運んでもらって、

 

その果実の恵みを

遠くにも運ぶために

実るから。

 

鳥がためらわずに

いちばん食べごろの

果実をついばむように、

 

そしてその種をどこかで

フンと一緒に落として、

 新しい木が芽を出すように、

 

無邪気に食べて、

無邪気に空から

フンをしたら

いいのだと思う。

 

空からフン、

してみたいですね。

 

果実を食べよ、

フンをしよう。

 

寺山修司

『書を捨てよ、町へ出よう』に

かけてみたのですが

 

言われないと絶対

わからないですね(笑)

 

 

http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20170916091706j:plain

家庭内ストーキングを受けています。

 

 

f:id:utaori:20170922090821j:plain

髪切りました。(依然娘のプリクラを研究中)

え?サイドバーンという美容室です。

来週『キネシオロジー体験講座』なるものも
開かれる革新的な美容室だそうですよ。

岡田選手にご担当いただきました。

先日桐生選手が9秒台を出したのも、家庭内に陸上部がいるものとして熱い話題だったのですが、岡田選手も学生時代100メートルを10秒台で走っていたのだそう。

見る影もない気がしますが(笑)

 

サイドバーンミニ情報を続けますと、

◎虫明さんは変わった名字だけど、ご出身の岡山ではわりとポピュラーなお名前

◎マイちゃんは年内にスタイリストデビューの期待が高まっている

◎奥川くんは…、おもしろすぎてまだまだ観察が必要です(笑)

◎タイチさんは12月にもライブがあるらしい

 

本当に信頼申しあげている美容師さんたちです。敷居高くないから!結界貼られてないから!(笑)むしろ、わたしのような女子をこじらせてる人でも安心して行ける希有な美容室です。

 

 

さらに!一番書きたかったのはここからかも、ってくらいはまってるこの演奏…

https://www.youtube.com/watch?v=ot0LKGjM9tM

ポリリズムがなんなのか、理解できる日がくるとは思えないのですが
(だって17/16拍子って、どういうことですか…)、

この演奏、何度聴いてもからだに異変が起こる。脳に、皮膚に、内蔵に。

変態すぎて、もう清々しい。
エロすぎて、もうエロくない。

これ生で聴いてた人すごかったでしょうね。

落語で言ったら、談志の伝説の「芝浜」的な。
その場にいられたことを後々にまで自慢できるような。

菊池成孔氏に心酔したことはないのですが、
宝のような人なのだと思う。
国宝どころじゃなく、現代の人類の。

 そして、わたしのハートはキーボードの小田朋美さんにロックオン!
ソロでも、別のバンドでもご活躍。
ただならぬ才能とおみうけ!そしてかわいい…

 

 

 

 

アイワナデストローイ観念!

お喜びさまです!

(お疲れさまはいらないの)

 

みれいさんがブログで

紹介してくれていた、

 

『ワクワクからぷあぷあへ

「楽で愉しく生きる」新地球人になる魔法』

 

がすごいです。

 

 

今まで自分が感じていた

からだでいることの

違和感の謎が

本当にすっきりした。

 

すべては自分が

選んでいることで、

 

自分の意識の変化によって、

いくらでもそれは

書き換わること、

 

自分が変化することで

いくらでも人生が

変わること、

 

それは今までも

たくさんのスピリチュアル系の

良書が伝えてきてくれた

ことだけど、

 

ぷあぷあ本は

今までに無い切り口で

ぐぐっと理解を

押し広げてくれた。

 

DNAが二重らせんじゃなくて

本当は12の層があること、

 

それぞれの意味、

書き換わる順番など、

 

ものすごい情報が

ぷあぷあとわけもなく

明らかにされていて、

 

引きよせの法則とか

鏡の法則とか

ありますけど、

 

スピリチュアリズム

観念的であることで

逆に進化を阻むことに

なっていることも

理解できた。

 

 

やはり、

 

イワナデストローイ観念!

でございます。

 

アナーキーインザU.K.

にむりやりのせて)

 

ぷあぷあ本では、

 

現代科学では

役割が解明されていない

脳の松果体の働きについても

明らかにされていて、

 

IHではセッションの

セットアップで松果体にも

アクセスするのですが、

 

どうしてそうするのか

理解して行っていた

わけではなかったので、

解説をもらえたよう

でもあった。

 

激しくおすすめできる

一冊です!

 

 

さてさて、

 

本日もいただいた

ご感想をシェアさせてください。

 

自宅にいらしていただいた

Sさんのご感想です。

 

 

*************************************************

 

セッションから4日、

今の率直な感想は

すごい!!!!

わたし、やっと進めるかも!!(泣)

 

すごくすごく

変化があったんです!

  

私の悲しい体験の事を

あんな風に共感をしてくれて、

 

感じないようにしていた

あの頃の私の代わりに

悲しんでくれたようで、

 

「泣き叫んでもいい位つらい事だよ!」と

言ってくれた事で

とても救われました。

 

「大した事でもないのに

いつまでグジグジしてるんだ!」

 

「なんでずっと無気力なんだ!」

 

「いい加減にしろ!」

 

と、

ずっと自分を責めていたけれど、

 

そういう状態になって当然、

と肯定してもらった事で

ほんとうに楽になりました。

 

すごく嬉しかったです。

ありがとうございます。

 

そして感情だけじゃなく

自分の体もずっと

無視し続けてきていて

信頼もしていなかった事にも

気づきました。

 

セッションの後、

家に帰ってすぐに

みぞおち?胃?のあたりに

グレーっぽいもやもやした

物体があったことに気づいて、

 

それがなくなった!

なんか軽くなった!

と感じたんです。

 

そのグレーの物体は

つらい体験の記憶???

 

ずっと体の中に持ち続けていたけど、

やっと過去になったのかな…と

なんとなく思いました。

 

 

1度しか受けていないのに

歌織さんのIHに

私は絶対に救われる!と

実感してしまいました。

 

こんなに実感があったものは

今までなかったので

驚いていると同時に感激です。

 

夫もそう言っています。 

 

お話も楽しすぎでした。

 

もっと自分を知って

自分らしく楽しく

生きていきたいと思っています。

 

 

*************************************************

 

Sさん、

「大したことでもないのに」って

ご自分を責めてきました。

 

Sさんが体験したことは

わたしが想像しうる

最もつらい体験

のひとつです。

 

Sさんは最初に顔を

合わせたとき、

朗らかでかわいらしくて、

 

そんな大きな傷を

抱えた方だとは

一見して誰も

思いもしないような

印象でした。

 

むしろ幸せそうに

見えるくらいに。

 

Sさんは一生懸命

そう振る舞ってきたの

だと思います。

 

一身にその悲しみを

封じ込めてきました。

 

いつまでも悲しんでいる

わけにもいかないからと。

 

わたしには想像する

ことしかできないけど、

 

Sさんの体験は

いくつもの方向から

こころもからだも

えぐられたかのような

強烈な体験だと思ったし、

 

もうどこの傷をどうしたら

いいかわからないほどの

つらい体験だった

と思います。

 

わたしが聞くことができて

本当によかったと

思いました。

 

話してくれて

ありがとうって思った。

 

悲しみは出ていかないと

いけません。

 

逆に言うと、

 

きちんと悲しまれて、

外に出すために、

わざわざそんなつらい出来事が

起こったともいえるのだと

思います。

 

それはもう

これでもかというほど

きちんと悲しまれて、

浄化されるためのもの。

 

みぞおちのあたりに

あったグレーのもやもやが

なくなったように感じたと

ありましたが、

 

悲しみは胸骨に

蓄積されると

本で読んだことがあります。

 

ずっと残っていた

悲しみがSさんのからだから

離れていったのなら、

 

そして、そのお手伝いが

できたのだとしたら、

とてもうれしいです。

 

グレーのモヤモヤという

部分をを読んで

思ったのは、

 

悲しみは物質なのだと

いうことです。

 

実は触れるほど

物質的に体の中に

蓄積されている。

 

冷えとりをしていると

毒出しでいろいろな

めんげんが起こって、

毒素の排出がありますが、

 

悲しみも毒出しのように

体の外に出してあげる

必要がある。

 

また、IHは筋反射で

安全とされた範囲で

ヒーリングを行うので、

 

好転反応

ほとんどありませんと

お伝えしていますが、

 

Sさんはお帰りになってから

体中に痛みを感じたり、

ほてりや軽いめまい、

だるさなどの症状が

出たとのことです。

 

夜中に目が覚めてしまうほど

強い症状だったとのこと。

 

今はうそのように穏やかと

ご報告いただいて、

ホッとしましたが、

 

やはり存在に

ダイナミックな

変化をもたらす場合、

 

どうやら好転反応

あるようです。

 

完全に歓迎するもの

だと思いますが。

 

さてさて!

 

Sさんのご感想、

メールのタイトルに

「感想①」とあって、

 

続きがあるのね!と

笑ってしまったのですが(笑)

 

②もぜひ紹介させてください。

 

Sさんのつらい体験は

実はご夫婦の物語でも

ありました。

 

*************************************************

 

IHを受けたいと思った時から

ベットに横になる時まで、

 

まさか夫の存在について

掘り下げる事になるなんて

思いもしませんでした。

 

でも今は、この事は

すぐに気付かなきゃいけない事

だったんだ!と腑に落ちました。

 

歌織さんが

夫は私の事がとても好きで

救いたいと思っている、

 

と言ってくれて、

 

やっとやっと心の底から

彼を信頼する事が

できたのです。

 

今まで、

仕事で疲れているのに

色々とやってくれる彼をみて、

罪悪感と迷惑をかけている

自分の存在を責めていました。

 

彼は長い間、

こんな私を責めたことも

怒ったりしたこともないのにです。

 

歌織さんの言葉で

私は彼をずっと

疑い続けていたんだと気付きました。

 

いつか見捨てられる

いつかいなくなってしまう

でも、本当は受け入れてほしいと

願っていて、試す様な事をずっと

してきたのですね。

 

これでもか!と傷つけて。

 

でも試しながらもいつも怯えていて、

 

見捨てられるくらいなら消えたい

となっていたのかな。

 

このままの私でいたら

いつかその日がくる!

怖い!消えたい!

 

…いつになっても

その日は来ませんでした。

 

でも、もし

歌織さんに会えていなかったら

IHを受けていなかったら

彼は壊れてしまったかもしれません。

 

そうなっていたら

もちろん私は

消えていたと思います。

 

彼は私を救うために

側にいると思う、

と言われた時

 

今までちゃんと

受け止めていなかった

彼の言動や行動が

色々と浮かんできて

ばちん!ばちん!となにかが

はまっていったんですよね。

 

そして、私の心?からだ?が

本当に納得したみたいです。

 

もう試さなくていい

見捨てられる不安はいらない。

 

ありのままの私が

受け入れてもらえた

このことで、

 

ギスギスとかたまってた心が

溶けていったみたいな感じで

とても楽になりました。

 

もうすでに夫のことを「神」と

呼んでいたけれど(笑)

 

本当に良くここまでずっと耐えて

見捨てずにいてくれたと

彼に感謝と尊敬しかありません。

 

本当にありがとうございました。

歌織さんと出合えて

わたしは幸せです。

 

*************************************************

 

Sさん、旦那さんのこと

日頃から「神」って

呼んでたそうなんです(笑)

 

でも、

あまりにも神対応すぎて、

Sさんは自分の至らなさを

後ろめたく感じてしまっていた。

 

でも、旦那さんは

めっちゃSさんが大好き。

 

Sさんの支えになりたくて、

Sさんが笑うとうれしい。

 

だから、Sさんが

もうしわけないって思って

悲しい顔してるより、

 

うんと頼って、

支えてももらって、

 

でもいつもほほえんで

感謝を伝えてあげられたら、

 

旦那さんはそれが

一番うれしいのだと

思います。

 

えーと、

 

このセッションはSさんの

セッションなのに、

旦那さんの気持ちが

なんでわかるのか?って

なりますけど、

 

Sさんの中に

もうその情報が

あるんですよね、

 

前も書きましたが

 

わたしの自慢はなにも

見えたり聞こえたり

しないこと。

 

受けていただく方の

筋反射をガイドに、

 

こうかな?ああかな?って、

推理していくのだけど、

 

そのわずらわしさと、

手探りの工程が、

受けていただく方に

刻んでいくものがあって、

 

いきなり、

「ズバリこうでしょう!」

という啓示があたえられても、

 

本人に刺さらないと

意味がないですから、

 

もしわたしの

IHに効果を感じて

いただけるなら、

 

このわずらわしい工程が

大きく作用している

ように感じています。

 

 

さてさて、

Sさんのセッション、

 

確かに大きな悲しみを

引っ張り出すような

ものではありましたが、

 

意外にも、

 

Sさんが途中何度も

「おもしろいです!」

と言ってくれるほど、

 

話に花が咲いたりもしてて、

 

Sさんが好きなバンドの話を

根掘り葉掘り聞き、

 

子どもの時、わたしがいかに

「8時だよ!全員集合」を

生で会場に見に行きたかったか、

 

「志村うしろ!」って

叫びたかったかについて

熱弁し、

(なんでこの話になったのか…)

 

久保田早紀の異邦人を歌い、

(Sさんのセッションのことでした)

 

もう他のIHを行ってる人に

どう説明しようか…

みたいなセッションで、

 

でも、

なんというか、

 

やっぱり

思いますのは

  

絶望ってないってことです。

 

Sさん、

死にたいって思っても

おかしくないほどの

経験です。

 

 

でもわたしは

Sさんの筋反射から

たくさんの希望を

感じられたから、

 

セッションは

絶対よいところに

着地するって

確信があった。

 

だからのびのび

脱線もできた。

 

IHでは目標設定として

アファーメーションの

文章をひとつ作るのですが、

 

Sさんの目標文、

筋反射で特定していくと、

 

なんだか軽やかで

楽しげで、

 

それがSさんの

本質なのだと

感じました。

 

軽やかに、踊るような質。

 

Sさん、

どうぞ目の前の果実を

思うままに味わって

お過ごしくださいね!

 

志村食いでね!(笑)

 

http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20170915123608j:plain

畳に木漏れ日。ずっと行ってみたかったとある場所で。埼玉県民は自虐がネタみたいになってますが、いいところいっぱいあるんだからな!と申しあげたい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=1plTtrcGDJg

うつみようこさんが歌うアナーキーインザU.K.。すばらしい。

うつみようこさんはメスカリンドライブという女子バンドのボーカルだった方。10代の俺夢中。猫まっしぐら。ニューエストモデルと統合して、ソウルフラワーユニオンになって、そのあとソロになってるのかな?

ボ・ガンボスの「トンネル抜けて」も歌ってる(涙)

 

https://www.youtube.com/watch?v=NMdZEoi0bkk

さーらーにー!うつみようこさんが歌う「年下の男の子」。

キャンディーズのオリジナルで、ミキちゃんと、スーちゃんの「ハウ!」って歌うコーラスのパートをみなさんもぜひご一緒に。

「年下の男の子」で思い出されてならない、各位に捧げます(わたしかなって思う人全部!)。

 

 

 

次いってみよう!(いかりや長さん)

 

頭の中で、

 

「8時だよ!全員集合」の

オープニングコントが

終わったときの曲が

ガンガンに流れています。

 

セットを撤収するときの。

https://www.youtube.com/watch?v=ITfTTV_6zoQ

 

いつかゆっくり

書けたらいいなと

思うのですが、

 

ここ数年の重量級の

肩の荷を一気に

下ろしてくれるような

出来事があって。

 

ハイパーレスキューチーム

みたいのが急に

あらわれて、

 

ワーッ!って

すごいスピードで

その重量級の肩の荷を

わけもなく解体して、

 

じゃっ!って、

チームは撤収みたいな…

 

で、

 

今、キャンディーズ

歌ってるとこ、

みたいな…

 

昭和すぎる

このたとえ、

通じるのでしょうか。

 

ちょっとだけ、

時間を進めて、

 

歌ってるの

キョンキョン

しますか?

 

そこじゃないですか?

 

とにかく、

いかりや長さんが

「次いってみよう!」と

力強く宣言しています。

 

ますます、

IHのお仕事に

心血を注げと

言われている

ような。

 

さて!

 

昨日は火曜日。

 

サイドバーンへの

出勤日でございますが、

 

おふたりの方に

来ていただいて、

 

おふたりとも

カットをご希望

されていましたので、

 

サイドバーンから

虫明さんにご出動

いただきました!

 

わたしがしあわせで

なりませんでしたのが、

 

おふたりとも、

ものすごく

きれいになって、

ご本人も満足されて

帰る姿を見てのことです。

 

虫明さんのお手柄!

 

ご相談内容は

まったく違うようでも、

 

自分が自分の

女性性を受け入れて、

楽しむことが

 

どちらにとっても

大切なセッションでも

ありましたので、

 

カットもご希望

してくれたのは

必然だったのだと思う。

 

おひとりはくせ毛を

気にされていたのですが、

 

虫明さん、

そのくせをいかすような

カットをしてくれて、

 

わたしまで

うれしかったのです。

 

そのままのその方の魅力が

肯定されることは、

 

セッションの続きでも

ありましたから。

 

そして、

昨日の裏テーマは

「高速バス」(笑)

 

おふたりとも、

それぞれのお住まいの地方から

高速バスで来てくれました。

 

(Cさん、帰りのバス乗れたかな…)

 

ご縁に感謝ばかりです。

 

そして!

お先にセッション&カットを

受けていただいたF子さんから

さっそくのご感想をいただきました。

 

ぜひ紹介させてください!

 

*****************************************************************

 

虫明さんの素晴らしいカット、

ありがとうございます。

 

思わず「東京スゲーな」とつぶやきましたが、

実際は「虫明さんスゲーな!」でした。

訂正させていただきたいと思います。

 

キメキメの髪型と

涙で腫らした目で

表参道を歩いてみましたよ。

 

その後、高田馬場の預言カフェに

行き預言をいただきました。

 

ちなみに、預言はドンピシャで、

歌織さんの言葉とリンク

しまくりでした。

預言カフェ、スゲーです。

 

そしてそのあと、

ずっと行きたかった

水森亜土ちゃんのライブを

観に上野に行きました。

(小さなライブハウスです。)。

 

亜土ちゃんは3ヶ月ぶりの

ライブが今日でした。

歌織さんのセッションにしろ、

預言カフェにしろ、

亜土ちゃんライブにしろ、

今日じゃないとダメだったと

思います。

 

歌織さんはセッションに入る前から

何かをどこかから下ろして

しゃべっている感じでした。

 

全身全霊でお仕事されてる感じです。

 

とてもイキイキしてキラキラして

少女のようでもあり、

頼りになるお姉さんのような

お母さんのような。

 

本当にありがとうございました。

 

F子第2章始めてみます。

 

*****************************************************************

 

IH+ヘアカット+預言カフェ+亜土ちゃんライブ

というスペシャルコースだったのですね。

 

聞いているこちらも

ワクワクします!

 

F子さん、

このご感想にも

片鱗がうかがえるかと

思うのですが、

 

とっても、

キャラが立っていて

おもしろい方なんです。

 

加えて、

めっちゃスラッとしてて、

もっといろいろ変えたら

絶対すてきだって思うのに、

 

セッションを

はじめるまでも無く、

 

「わたしなんて」オーラが

ハンパなくて(笑)

 

「いいかF子!

F子がF子のことが

大事じゃなくても、

わたしはF子のことが

大事だからな!」

みたいな、

 

説得!みたいな。

 

「そうはいっても、

F子の面倒見るのは

F子だからな!頼むから

よろしくだぞ!」

みたいな、

セッションだったような。

 

あ!

 

F子さんわたしのこと

何かを下ろしているかのようだった

って書いてくれたのですが、

 

わたしの自慢は

まったくなんにも

見えたり聞こえたりしない

ということです(笑)

 

直感はキネシの延長と

捉えていますので、

 

料理人の包丁1本的に

美容師さんのはさみ1本的に

 

わたくしは筋反射1本です。

 

F子さんの情報は

F子さんのからだから

返事をいただいてる

って思ってます。

 

それから、少女のようって

言っていただいて、

とても気をよくしています(笑)

 

F子第2章はじめますって

書いてくれましたが、

 

F子さんにも

「次行ってみよう!」って

いかりや長介のお声が

かかってるのだと思います。

 

第1章はつらいものだった

かもしれないけど、

 

第2章はF子さんの

思うように創造して

いってくださいね!

 

亜土ちゃんの絵のように!!!

 

はるばるサイドバーンまで、

本当にありがとうございました!

 

 

それにしても…

 

わたしがおばちゃんの

年齢だからだと

思うのですが、

 

もう最近

おせっかいを焼くことに

躊躇がなくなってきて、

 

最近目立つのは

「メガネのフレーム変えましょう」

とか

「髪切った方がいいと思う」

とか

「もっと明るい色の洋服のほうが」

とか

 

本気でおせっかい。

 

セッション中なら

ちゃんと筋反射で

確認するけどね。

 

でも、思わずそんな

おせっかいが飛び出すのも、

 

やはり

女性性の受領と

解放というのが

テーマとなることが

本当に多くて、

 

若いとか

若くないとか

美人とか、

そうじゃないとか

関係無しに、

 

女性で生まれたからには

自分が思ってる以上に

女性は女性をやりたいんだって

強く感じるからです。

 

それは人から見て

どうかなんて関係なくて、

 

自分が自分の女性性を

受け入れて楽しむこと。

 

自分がこの人!と思う人に

そのままの自分を

大切にしてもらうこと。


(相手が同性の場合も然りで)

 

それはもれなく

全女性がやりたいこと

なのだと思う。

 

そこで大事なのは

「自分にとっての」

って事だと思う。

 

なんとか映えするとか

なんとかランキング1位とか

関係ないんすよ。

 

まじで。

 

誰目線なの?って

思います。

 

わたしの大切な人は

なんとか映えしなくても

わたしの大切な人。

 

わたしの今日の食事は

なんとか映えしなくても

めちゃめちゃうまかった。

 

わたしの毎日は

なんとか映えしなくても

すばらしいわたしの毎日。

 

みたいなことが

本当のしあわせだと思うし、

 

別に誰かに見せるために

生きてるわけじゃない!

 

暑苦しいですね。

 

家で似たようなこと言うと、

確実に娘にウザがられます。

 

娘はなんとか映えしそうな

電球ソーダというものの

写真を嬉々として

撮ってたりしてね。

 

 

で、

 

言いたかったのは、

 

本当に女性は

思ってる以上に

女性をやりたいってこと。

 

わたしのセッションで

そういうテーマが多いのは

 

わたし自身の問題でも

あるからなのだとも思うけど、

 

サイドバーンって場所も

関係していると思う。

 

昨日虫明さんに

カットしてもらった

おふたりとも、

 

本当に大切に

髪を切ってもらえたって

よろこんでお帰りになって、

 

わたしも心底

うれしかったのですが、

 

美容室苦手な人ほど

サイドバーン、

本当にいいと思います。

 

「敷居が高い」とか

よく思われているけど、

 

「結界が張られている」

とまで言ってた方もいたけど(笑)

 

スタッフだって

みんないろいろ

こじらせてますから(笑)

 

でも、美容師さんとしては

センスも技術も高くて

本当に優秀ですし、

 

昨日いらしていただいた

おふたりと虫明さんの

幸福なマッチングを

見ていると、

 

もっとそれが

増えるといいなあって

思いました。

 

そして、

 

Cさん、バス乗れたかな…

 

http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20170824144207j:plain

3コレクション。モエレ沼公園、ガラスのピラミッド内の階段の3。誕生数を知る前から3が好きで、20代のころもこうして、3の写真を集めてたことがある、コラージュまでしたかも。

 

https://www.youtube.com/watch?v=YQ1wQhX2Cds

いかりや長介の「次行ってみよう!」の後にはじまる、志村けん桜田淳子の夫婦コント。この妻は誕生数3だと思う。小さな事で一喜一憂、その振り幅がハンパない。子ども心に「わたしみたい」と思いながら見ていた。志村けんかっこいい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=-30thbtiLSc

さらに今日はなぜかこの曲。
中村一義くんの「ハレルヤ」、100sのライブで。

100sにはレキシこと池田貴史氏がいるので、自ずと盛り上がりますね。そして長引きますね(笑)

キャッツ!

じゃなくて

ピ、ピ、ピーチ姫!

 

 

異邦人を歌わせて

今年初めての

金木犀の匂いが

しました。

 

わたしが育った

北海道には知る限り

金木犀はなかったので

 

わたしにとっては

いつまでたっても

異国の香りみたいに

感じる。

 

北海道では

冬の始まりになると、

 

雪虫という

その名の通り

雪のように白い虫が

飛びます。

 

粉雪のように

ふわふわと、

あちらこちらで。

 

それがもうすぐ

初雪が降るよって

おしらせ。

 

そんで、

冬ははじまる。

 

厳しくて美しい冬。

 

雪は溶ければ

水なのに、

 

その数ヶ月に

もうそれは壮絶な

いろいろがあります。

 

春には流れて

消えてしまうのに。

 

まさにこの世の

メタファーっすね。

 

こんなに確かに見えるのに

実は幻想のようだという。

 

 

さてさて!

おかげさまで、

 

先週の月曜日より

自宅でのセッションを

スタートいたしました。

  

 

不思議なのですが、

 

サイドバーンと

自宅では

 

なんとなく

セッションの感触も

違って感じられます。

 

どちらのよさもある。

 

サイドバーンはちょっと

劇場っぽいというか、

ステージみたい。

 

クライアントさん

オンステージ!

みたいな。

 

自分がその物語の主人公だと、

スポットライトに気づいて

いただくみたいな、

華やかさがある。

 

自宅でも同じでは

あるのですが、

もうちょっとジワッと

よせていく感じがある。

和室だけに?

 

大輪の花と

小ぶりでも

しみじみかわいい花

みたいなちがい。

 

たどり着く場所は

ひとつなのだとは

思うのですが。

 

どちらも体験させて

いただけていることに、

感謝ばかり。

 

 

IHではバランス調整と

いうものを行うのですが、

 

どんなことを調整として

行ってもよいところが

IHの懐が広く、

ユニークなところです。

 

わたしが行うIHでは

今やもっぱら話芸が

メインの調整と

なっていて、

 

筋反射をガイドに

ひたすらおとどけする

その方へのおしゃべりと

そこから引き出される

ご本人の気づきが

 

なによりの調整と

なっているようです。

 

もちろん、すべては

受けていただく方の

筋反射の受領が

あってのことなのが

大前提ですが、

 

なんだかわからないけど、

この人がこんなに

夢中でしゃべってるのだから

わたしももっと話してもいいのかも…

 

と扉も開いてもらえる

効果があるのも

はっきりと感じられるので

 

暴走おしゃべりセッションを

自らに許可しています。

 

誕生数3としての

使命かと。

 

とはいえ、

金曜日にいらしていただいた、

Sさんのセッションでは

 

振り付きで久保田早紀

「異邦人」を歌いはじめる

始末で、

 

ご相談内容のどこに

「異邦人」が必要なのか、

 

さすがにわからなくも

なってきますが、

 

「想像以上におもしろいです!」

 

って言っていただいて、

救われました(笑)

 

 

9月26日(火)には

キネシオロジー体験講座の

予定もございますが、

 

キネシが本当に

優れた方法だと

改めて感じているのは、

 

クライアントさんは

本当に千差万別十人十色

ではありますが、

 

筋反射をガイドに

ヒーリングを

進められるので、

 

その方にとって

その時点で最適な

セッションを確実に

選択できる点です。

  

今日のセッションは

うまくいくかしら…

と不安になることは

ないということ。

 

筋反射が必ず

教えてくれるからです。

 

こたえは必ず

その方ご自身の中にある。

 

謎解きの大変さは

あるにしても、

 

もうあるものを

探すことに違いは

ありません。

 

絶対あるから、

絶対見つかる。

 

本当に心強い

ツールなのです。 

 

もうひとつキネシの

恩恵を感じますのは、

 

その方の筋反射で

OKをもらいながら

進められるので、

 

心から安心して

受けていただける

ということ。

 

ご本人の現在の地点から

飛躍しすぎることも

ないですし、

 

自分の軸を失うような

依存のようなものとも

無縁です。

 

常に受けていただく方に

主導権がある。

 

筋反射でNGだったら

さすがにわたしも

「異邦人」を歌いません(笑)

 

 

藁をもすがる

ような時には、

外に救いを求めて

しまいますが、

(当然です)

 

でも、外側に求め

続けている限り、

本当の救いは

訪れません。

 

こたえも救いも

本当は全部

自分の中に

もうある。

 

そして、それは

おぼれる者にとっての

藁どころではない、

 

確固たる地平なのだ

ということ。

 

そこに着地すると、

本当に安心できます。

 

そこで

進む一歩一歩は

小っちゃくても

確実によろこびへの

一歩一歩です。

 

どんな体験があったとしても。

 

確信して進むのが大事!

 

途中でショートカットの

まさかのルートが

現れたりしますから。

 

まーじーでー!

 

時には弱音を

吐きながら、

 

甘えられる人には

甘えながら、

 

自分の手を引いて行って

あげてくださいね。

 

わたしがやっているのは

そのお手伝いなのだと

思います。

 

ご自分との再会の

橋渡し。

 

ごたーいめーん!って

カーテンを開ける役。

 

パンチdeデート

もはや知ってる人の方が

少ないでしょうか…)

 

自分の声さえ

聞けていたら、

わたしのような

お仕事はいらないんだって、

いつもそう思っています。

 

うむ。

 

今日はここが

着地でしょうか。

 

 

わたしがいかに

異邦人を歌うと

はまるのか、

 

まだまだ

語り足りない

思いがございますが、

 

この話には

だれひとり

興味が無いと

思いますので、

 

今日はこれまでと

いたします。

 

キネシ体験講座

 

引き続きご参加の

お申し込みを

お待ちしておりまーす!

 

 

http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20170910183526j:plain

自宅のセッションルームに置いてある家具に、大きな傷があるので、それを隠したくて、タペストリーのようなものを探してたら、この布を見つけた。

漠然と藍染めで柄物の布…って思ってたから、ドンピシャで。

金魚も蓮も招福招来の象徴と教えていただいて、縁起もよさそうだし、なによりかわいい。蝶々もいます。中国の布団カバーだったらしい!

 

f:id:utaori:20170910085331j:plain

もひとつ布。アフリカのラフィア椰子の繊維を使った織物。絵のように壁にかけたい。なぜか柄の織物が好きみたい。キリムとか手が出ませんけど。

昨日出かけた、旅と手仕事展でひと目ぼれ。

豆花(トーファ)のお店におつとめのTさんに、出店するからと教えていただいたイベントだったのですが、再び食べることができた豆花がやっぱりおいしすぎて、食べながらわたしの眉間に険しいシワがよっていたらしく、Tさんが「ここ!ここ!」と眉間を指さして、注意してくれるようすがおかしかった。

会場で遭遇した友人がiaiのワンピースを1着選ぶまでの一部始終もエキサイティングだったし、行けてよかった!

Tさんありがとう!

 

 

 

 

登場人物全員天使

 

「登場人物全員悪人」は

たけしのアウトレイジですが、

 

わたしの最近はと

もうしますと、

 

「登場人物全員天使」

みたいな、

びっくりの毎日を

送っております。

 

3年前に母が

亡くなったときも

そうでした。

 

急なことだったので、

頭が真っ白で

フラッフラだった

わたしに

次から次へとサポート

してくれる方が現れて、

 

困ったことが

起こる度に

不思議と目の前に

助けてくれる人がいた。

 

身近な人ももちろん

なのだけど、

 

いきあたりばったりに

出会った方までも。

 

慣れない雪道の運転で

人通りのないところで

新雪にはまってしまって、

車を出せなくなってしまっていたら、

(今思ってもゾーッとなります…)

 

目の前をミニ除雪車

乗ったおじさんが横切って、

 

すぐに状況を察知して、

そのミニ除雪車

車を引っ張り出して

くれたり。

 

いろいろトラブルは起こるし、

手探りでわからないこと

だらけだったけど、

 

絶対助けてくれる人が

セットで現れた。

 

母の采配って

思った。

 

わたしは本当に

人に助けてもらわないと

なにもできないので、

 

この世界の隅から隅まで

お世話になり倒している

って思ったし、

 

隅から隅にまで

感謝をした。

 

今も、そんな状況。

 

わたしの力では

どうにもできないことを

 

それぞれの立場で

支えてくれる人が

次々に登場して、

 

ここは遠慮は無しに

力を借りる時だと

思うので、

 

頑なにならず、

委ねることが

できている。

 

天使は分業制だと思う。

 

そのためにみんな

違う個性と能力を

もっているのだと思う。

 

得意なことで

お返ししたら

いいんだって、

素直に思える。

 

違う相手にでも、

お返ししていくことで

循環していくのだと思う。

 

9月26日(火)の

キネシオロジー体験講座のお知らせ

もさせていただきましたが、

(お申し込みをいただいているみなさん、ありがとうございます!)

 

前回、初めて行った

キネシ体験講座を終えて

遅い時間に家に

帰宅すると、

 

家中に

「明日、三者面談!」との

張り紙がありました。

 

もう寝ている娘が

貼ったものです。

 

なにかに夢中になっていると

そのことで頭がいっぱい

なってしまう

母の傾向を見越して、

 

三者面談すら忘れかねない

と思ってのことかと。

 

そして、

恐ろしいことに本当に

忘れかねないわたし。

 

でも、なんでしょう、

 

できないことは、

 

こうしてフォローして

もらっていいんだなって、

最近は思ってます。

 

ちょっとたとえの

レベルが低すぎて、

みなさんピンと

こないですよね(笑)

 

わたしが頼まれた

買いものを

ものすごい確率で

忘れるので、

 

最近では娘に

復唱させられます。

 

「何と何を買うんだっけ!?」

 

「ヨーグルトとパピコです…」

 

みたいな。

 

余談ですが、

この夏、娘がパピコ

はまりすぎてて、

 

“1日2分の1パピコ令”を

敷いたものですが、

パピコは2本入ってるから、

1本にとどめろよ!と)

 

わたしもつられて

普段は食べない

つめたい甘いものを

食べる機会が

いつになく多い夏でした。

 

冷えとり的に

秋の毒だしシーズンも

到来したこの時期、

 

例年に無く、

毒だしの症状が激しい。

 

パピコの毒だし…」

と思いながら、

 

秋の花粉症や

皮膚のカユカユを

歓迎しております。

 

靴下の枚数増量ですね。

絹、棉、絹、棉…

 

半身浴にも励みます!

 

普通にいちマーマーガールの

ブログになってて、

これはこれで楽しい!

 

 

話を戻せば、

 

天使は分業制だと

思います。

 

得意なことを

得意な人にお願いして、

 

自分も得意なことで

お返しするのが

自然なのだと思います。

 

できない人に

できないことを

やらせようとすると、

 

そもそも無理だし、

 

どちらにとっても

ストレスになるので、

 

水の中のことは水のいきものに。

 

陸の上のことは陸のいきものに。

 

素直に頼る、

というレッスン中。

 

あと、

水の生きものなのに

陸にいたり、

 

陸の生きものなのに、

水の中にいたりして

 

苦しんでる方も

たくさんいると思います。

 

沖の生きものなのに

めちゃめちゃ浅瀬に

いたり。

 

自分が居心地がよい場所が

いちばん自分を発揮して

活躍できる場所

なのだと思います。

 

自分がどこの

生きものなのか、

わからなくなって

しまっているときに

 

IHはとっても

お役にたてるもの

なのだとも

感じています。

 

わたしの持ち場は

IHをやる人なので、

 

ここでは水を得た魚

でいられます。

 

それぞれの存在に

その持ち場があるって

思います。

 

娘が好んで観るテレビに

「スカッとジャパン」(?)

という番組があって、

 

わざわざ、悪意でいっぱいの

登場人物を設定して、

 

それを成敗するという

ストーリーを

みんなで観て

スカッとする(?)

 

みたいな番組なのですが、

 

登場人物全員天使

設定で言うと、

 

その悪役の

登場人物も、

 

正義の登場人物が

登場して、スカッとする

エピソードを

生むための天使って

思うんです。

(わたしはその番組できれば見ないですけど)

 

水戸黄門

印籠を出すために

いてくれる人も、

水戸黄門のフォーマットに

欠かせない天使ですよね。

 

恋愛なら、

ふたりを引き裂く

障害となる存在が

 

仲を深める

きっかけになったり

するわけですから、

 

邪魔もまた天使。

 

ゲームのボスキャラとか

まじで天使。

 

いなかったらそのゲーム、

つまんないわけでしょう?

 

悪人って、

誰から見て?

って話なんだと

思います。

 

本人は絶対、

悪意でやってない。

 

そうしかできないだけ。

 

スカッとなんとかとか

水戸黄門みたいな、

 

勧善懲悪なんて

本当は成り立ち得ない

って思います。

  

物語の配役について

くれているという点で

悪役(に見える人)も含め、

 

本当は登場人物全員天使

なんだと思う。

 

(まだ完全にそう思えないことも

たくさんあるけど、レッスン中です)

 

 

http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20170903144318j:plain

6月、ピーズが30周年で武道館…なにもかも後から気づいたわたし。せめて30年ぶりに買い直しました。THE ピーズ「とどめをハデにくれ」。

武道館、ソールドアウトと知って感動。武道館がピーズのファンでいっぱいになってたなんて…。きっと全国から集まったよね。すいませんなんにも知りませんでした。

 

THE ピーズ 好きなコはできた

人生で10曲選べと言われたら迷わずこの曲は入れる。

エレキギターが存在する意味そのものみたいな曲。

60歳になっても70歳になってもこの曲が好き。好きなコよりも、この曲の方がもっと好き。

「今日からなんだかメシがうめーぞ、こら」がかわいすぎる。「父ちゃん母ちゃんよろこべ」も。

「好きなコができた」って歌ってるのに、タイトルが「好きなコはできた」なのは、あまりにも名曲過ぎて、ボーカルのはる氏がひねくれたのだと推測。ピーズはわざと売れないように売れないようにしてきたと思う。

 

「なんだかメシがうめーぞ」と思えることがみなさんの毎日にありますように。

もし、メシも喉に通らない日々をお過ごしだったら、絶対絶対それには終わりがくるって思っててください。メシがうめーぞって絶対また思えます。

 

日が暮れても彼女と歩いてた

どうしてもこの曲も…

 

アルバム「とどめをハデにくれ」では、2曲目と3曲目。30年経っても色あせようのない珠玉の2曲。

 

キネシオロジー体験講座(第2回)のおしらせ

 

満を持したのか、

わからないのですが、

 

なんとなく高まる期待を

皮膚感覚が感じますため、

 

 

 

9月26日(火)19時より

 

キネシオロジー体験講座を

 

ふたたび

開催いたします!

 

講師はもちろん、

大柄亨さんです。

 

詳細は以下の通り

となります。

 

<日時>

9月26日(火)19時より

 

<場所>

 表参道/サイドバーン

 

<参加費>

 3,000円

 

<お申し込み方法>

 わたしのホームページの

お申し込みフォームから

キネシオロジー体験講座参加希望」として

お申し込みください。

(ご希望日の欄は空欄で大丈夫です)

 

※後日ご予約確定のメールを送らせていただきます。

また、定員となり次第、締め切らせていただきます。

 

 

キネシオロジーは大変

奥深いものですので、

 

本当にきほんのきに

触れていただくための

ものとなりますが、

 

このようなかたちで

お気軽に体験していただける

機会はとても貴重かと

自負しております。

 

 

また、単純に楽しんでいただける

内容であることと、

 

実際の生活にも

すぐにでもお役立ていただける

ものでもあると思いますので、

 

平日の夜ではございますが、

 

ふるってのご参加を

お待ちしております!

 

第1回の体験講座を踏まえて

アレンジした内容となると

思いますので、

 

どうぞどうぞご期待を! 

 

※第1回を受けていただいた方の次のステップの講座ではありません。

第1回と同等の内容をお届けするものです。

 

 

改めてキネシオロジーって

なんじゃろ?を

説明させていただくと、

 

キネシオロジー

筋反射療法と呼ばれる、

 

筋肉の反射を通して

潜在意識のこたえを

導く方法です。

 

体験講座では、

簡単な筋反射テストを

ご体験いただいたり、

 

日常に役立てていただける

ストレスに対応できる

調整方法をお伝えしたり、

 

キネシオロジーの可能性と

その調整方法の効果を

さらに感じていただける

内容にしていけたらと、

 

亨くんともども

静かに情熱を

燃やしております。

 

どうぞふるってのご参加を! 

 

http://healingroom3.com

 

f:id:utaori:20170801122311j:plain

サイドバーンの時計の3。