読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Healing room 3

日記、および公開ラブレター!

敵はいない、違いがあるだけ

先日、ある方へのメールに、

「わたしのほめを浴びにいらっしゃいませんか」

と涼しい顔してタイプしている自分に

思わず笑ってしまいました。

 

まるでSMがご専門の方が

「わたしに縛られにいらっしゃいませんか」 

とメールしているようで(笑)

 

自分の中の得体の知れない

情熱のようなものを

改めて観察した次第でございます。

 

幸か不幸か

わたしの専門はSMではなく、

いまのところIHと「ほめ」

でございますので、

 

縛って差し上げることは

できませんが、

 

まだまだつたないながら

 IHセッションおよび

その方の魅力や能力を引き出すための

活動にとり組んでおります。

学びの場としていろいろな講座の

企画もあります。

 

ヒーリングルーム3(さん)は

春にはホームページより

ご予約いただけるように

準備中です!

 

 

なんて悪ノリがどうなのかは、

わかりませんが、

(春オープンは大まじめ情報です)

 

このブログをほめていただける機会が

ほんとうにたくさんあります。

 

前にも書いた通り、

わたしは自分が書いたものを

ほめてもらうことが

なによりうれしい。

  

自分でも不思議なのですが

文章を書くときにだけ、

バナナを食べている猿ほどの

充足感があります。

(そしてまたバナナのことばかり

考えてしまうのです)

 

 

また、このブログにはてなスターなるものを

つけてくださっている方にも、

お礼をぜひお伝えしたいのですが、

 

はてなブログについて

わかってなさすぎて

どうするものなのかが

よくわかりません。

 

もしお読みになっていたら

この場からありがとうございます!!!

 

 

さて、今日の本題は

SMでもバナナでもなく、

タイトルのとおり

意外とハードボイルドです。

 

ホ・オポノポノを通して、

すべては自分の記憶であること、

 

相手のどんな行動も

自分の記憶をクリーニングするのみで

相手を変えようとしなくてよいこと、

相手を責めなくていいことと、

わかっているつもりではいましたが、

 

年末にとても動揺させられる

出来事がありました。

 

たぶん詳しくお話ししたら

たいていの人がわたしに

同情してくれるような出来事です。

 

わたしが被害者のように

話すことも十分にできると思う。

 

少し前のわたしなら

激昂せずには

いられなかったと思います。

 

でも、そうならなかった。

 

このことにわたしは

ほんとうに救われました。

 

それを乗り越えて迎えた

新年は少し景色が違うのです。

 

パラレルワールドをスライドして

より軽い波動の世界に移動したような。

 

同じ環境、同じ人たちに囲まれていても、

実は違う世界みたいな。

 

怒りに捕らわれて

振り回されずに済んだのは

あるヒーラーの方のおかげでした。

 

昨年その方のセッションを

初めて受けたのですが、

とても穏やかな雰囲気の方であるのに、

与えられた時間の中で

できる限りの結果を引き出そうと

してくださる姿勢がすごく伝わって、

 

内容も過去に受けたことのある

どんなヒーリングよりも

濃密で、深いものでした。

(わたしがIHを行う意味があるのか

まったく見失うほど…)

 

年末のその出来事に関係することは

このセッションのテーマの

ひとつでもあったのですが、

その中で明らかになったことが

わたしにとっては目から鱗で、

その相手がそういう行動しか

できないことの理由が

はっきりとわかったのです。

 

責める気持ちが消えるような。

 

その人がそういう行動や

そういう態度であることが、

しかたないと思えるような

理由でした。

 

けっして悪意ではないのです。

 

そのセッションのおかげで、

わたしが心をこめて

エネルギーを注いできたことが

その人の行動によって台無しになる

結果が年末にわかったときにも、

 

その人はわたしと違うだけ、

と思えた。

 

敵じゃない。

違うだけ。

 

 

IHを学びはじめて、

たくさんのセッションの体験や

事例を知るうちに、

 

あたりまえのことですが

さまざまな環境や生い立ちの方がいて

その人がそうなったのは

そうなるしかなかったからなのだな

という思いになっていたことの

影響も大きかったと思います。

 

ほんとうに壮絶な体験をされている方だって、

表面的にはわかりません。

 

モヤモヤしてる人は

モヤモヤしてしまう理由があるし、

 

抑圧的な人は

抑圧的になった理由がある、

 

不誠実な人は

不誠実になった理由がある、

 

エネルギー的にケチな人は

エネルギー的にケチになってしまった理由がある、

 

日常で、

この人ってなんでこうなんだろう?!

もっとこうすればいいのに!とか

思う人がいたとしても、

自分が知らないだけで

そうなった理由があるんだって思うと

責める気持ちがなくなります。

 

このことでいちばん楽になるのは

相手を批判しなくて済むことです。

 

相手を批判すること

相手に不満を言うこと

相手を攻撃すること

 

このことでいちばん傷つくのは

実は自分自身だからです。

 

 

ほんとうに今の世界は

批判や攻撃でいっぱいで、

 

それは自分で自分のからだを切りつけて

いるようなものなのだと思う。

 

 

そんなこと言ってるわたしだって、

反射的に文句を言っちゃったり、

熱心に何かを批判してみたり、

まだまだたくさーんありますが、

 

そんなときには、

「はっ!口がくさる!」

って思ってます。

 

いきなり小学生みたいですけど(笑)

 

そんなことのために

自分が傷つきたくないし、

その相手のために

口がくさりたくない(笑)

 

だから愛をおくる。

 

エゴを逆に利用しちゃう作戦です。

 

 

もし、これを読んでくださっていて、

「あいつマジ許せない!」

って思う相手がいる方がいたら、

 

どうかその方に愛をおくってみてください。

めっちゃ困難に思えるかもしれませんが。

マジ許せない相手のために

自分を傷つけないでください。

 

その人にはそうなる必要があったみたいです。

 

怒りに使っていたエネルギーを

うんと自分のために使ってください。

 

反戦って書いたTシャツを着たとしたら、

それはもう戦争のマインドだから、

 

奪い合わなくたって、

愛は十分に行き届くから、

 

戦争なんて言葉は存在しない、ってくらいの

頭おかしいくらいの、

お花いっぱいくらいの、

おなかいっぱいくらいの、

 

どうか、そんな自分でいてください。

 

頭おかしいはいやか(笑)

じゃあそれはわたしだけで。

 

 

今日は

書いてみたら思った以上に暑苦しくなった。

 

かわいいもので中和します。

f:id:utaori:20170108122827j:plain

オルゴナイト作家、mazさんに作っていただいたUFOオルゴナイト。色は金!オルゴナイトはオルゴンエネルギーというものを放出しているそうなのですがオルゴンとはプラーナと同じものみたいです。ネガティブなエネルギーを吸収して、ポジティブなエネルギーに変換してくれる。電磁波の影響を軽減してくれるとのことなのでキーホルダータイプにしてもらって、携帯電話につけています。

http://orgonitecosmo.com

こちらでオーダーもできます。

f:id:utaori:20170108122840j:plain

青いUFOオルゴナイト。枕元においたり、持ち歩いたり。枕元に携帯とか置いている人にもいいと思う。これはとても小さいタイプですが、オルゴナイトはいろんな形や色があるのでお好みのものを探すのも楽しいかも。